スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OiNK管理人・ユーザ、法廷へ

以下の文章は、TorrentFreakの「OiNK Six Appear in Court, Faced By Pirating Police」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:OiNK Six Appear in Court, Faced By Pirating Police
著者:enigmax
日付:September 24, 2008
ライセンス:CC by-sa

本日、OiNK管理人のAlan Ellisと、同BitTorrentトラッカーを介して音楽をアップロードしたとされる5名のユーザがともに出廷する。6名は、彼らのケースが刑事法院に送られるかどうかを聞くために、治安判事のもとに出向くことになる。

非常に長い旅路であった。そしてようやく、6名は治安判事裁判所に出頭した。彼らは現在停止しているBitTorrentトラッカーOiNKに関連した活動に対して犯罪の嫌疑をかけられている。

2007年10月、Operation Ark Royalはその目的を達成した。OiNKは英国およびオランダ当局の共同オペレーションによって閉鎖に追い込まれ、その後数か月にわたってクリーブランド警察によるユーザへの追求が続けられた。サイト管理人のAlan Ellisは最終的には詐取共謀の容疑で、他の5名のユーザはそれぞれ1枚のアルバムの著作権を侵害したことで起訴されている。ユーザのうちの1人は以前、TorrentFreakに対して「これはクルミを割るために、巨大なハンマーを持ち出しているようなものでしょう」と語っている。

今朝9時45分、彼らはティースサイド治安判事裁判所に出向いた。Alan Ellisのケースは予想されていたとおり、刑事法院が扱うことが告げられた。興味深いことに、5名のうち1名だけは刑事法院へ出頭しなければならないという。残りの4名が治安判事裁判所に再び出頭するよう告げられたにもかかわらず。これらの審理は10月2日に行われる。[Update 4pm, GMT]

いずれにしても、被告人たちは、クリーブランド警察が収集した証拠を突きつけられることになる。しかし、警察は彼ら自身が著作権論争の真っただ中にあることに気づいているだろう。ほんの少し前、我々は英国の一部警察当局が、彼らの施設内でラジオまたはその他の音楽を聴取するためのライセンスを音楽産業から購入することを渋っていることをレポートした。はっきり言ってしまえば、これは英国の警察当局はライセンスを得ておらず、彼ら自身が著作権侵害者であることを意味している。その際、我々はクリーブランド警察がこの件に関係していたらとんでもないことだなどと冗談を言った。しかし、それは遅すぎたようである。

GazetteLiveによると、クリーブランド警察はPerforming Rights Society (PRS)からライセンスを得てはいなかったようである。従って、彼らが建物内で音楽をかけ続ける限り、実は彼らは法を犯しているのである。

州警察本部長代理の Derek Bonnardは、どうしても支払いたくはないような感じで、このように述べている。「我々はそれが適切な範囲を模索し続けています。本当に、我々が膨大な公的な資金をそれに費やさなければならないのかどうか、という判断のためのアドバイスを求めています。我々はそのようにお金が使われるより、犯罪に対処するためにこそ使われるべきだと考えています。」

よく言ったミスターBonnard、私もその意見に大賛成だ。願わくば、ティースサイド治安判事がOiNKの6名に対する裁判にかける膨大な費用を考慮し、このケースでもあなたのおっしゃるような結論に達して、公的資金は音楽産業の利益のためではなく、もっと別のところに投入すべきだ、という判断をしていただきたいものだ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1206-66b9c965

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。