スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RapidShare:著作権保護が不十分、すべてのファイルのチェックをせよ、との判決

以下の文章は、P2P Blogの「Court: Rapidshare has to check all uploads for copyright infringement」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Court: Rapidshare has to check all uploads for copyright infringement
著者:Janko Roettgers
日付:September 30, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

ドイツ法廷は、Rapidshare.comに対して、海賊行為に対する対策が十分ではなく、同社のフィルタリングは効果がないという判決を下した。 数日前に公開されたハンブルグ地方裁判所の判決によると、ライツホルダーがRapidshareに対して著作権侵害を指摘した場合には、可能な限り迅速にそれに対処しなければならないという。これは米国のDMCAと幾分類似したルールである。

しかし、Rapidshareに求められているのは、単に著作権侵害コンテンツを削除するだけにとどまらず、まだまだたくさんある。過去に類似した侵害があった場合には、同社は「積極的に、それが公開される前にコンテンツをチェックしなければならない」とされた。また、判決によると、Rapidshareは、潜在的違反者のIPアドレスを記録し、チェックしなければならないとされた。

Rapidshareでは、以前にアップロードされた著作権侵害コンテンツの再アップロードを防ぐためにMD5ハッシュフィルタを用いており、著作権侵害コンテンツを削除するために6名のフルタイムの従業員を雇っていると法廷で述べられていた。しかしハンブルグ法廷は、侵害ユーザがフィルタを回避するためには、2,3バイトを変えれば済むだけであり、この措置では不十分であると判断した。

法廷はまた、Rapidshareが主張する、すべてのファイルをチェックしなければならないのであれば、ビジネスを続けていくことは不可能であるという抗弁を退けた。「抑止のための一般的な措置を用いないビジネスモデルは、法の保護を求めることはできない。」と判決では述べられている。

(via gulli)

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1209-338df1e6

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。