スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯域制御問題:Comcast、Webベース帯域モニターの提供を約束

以下の文章は、P2P Blogの「Comcast is going to get a web-based bandwidth monitor」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Comcast is going to get a web-based bandwidth monitor
著者:Janko Roettgers
日付:September 24, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

Comcastは最近、1ヶ月に250GB以上の帯域を食い尽くすユーザを遮断すると発表した。この数字がフェアかどうかについては、いくつかの議論を巻き起こしており、一部ではHDビデオのダウンロードやオンラインバックアップサービスなどによって、容易にその制限を超えてしまうことが指摘されている。

それとは別にもう1つの大きな問題としては、Comcastのユーザが実際の使用した帯域がどの程度であるのかを知ることができないということがある。つまり、手遅れになるまでそれを知らされないということである。PC向けの帯域監視ツールはいくつかあるが、XboxやVudu、NetflixのRokuのようなデバイスが発生させる帯域を含めることはできない

Comcastは少なくともこの点については、ユーザの不満を聞き入れてくれることになりそうだ。本日、同社の代表はGigaOMのコメント欄でこの問題について言及している

「ユーザが自分の使用量をモニターすることができるWebベースのツールを開発中です。」

このコメントが書き込まれた記事は、Comcastの帯域制限を改善させる最良の方法は、この制限に対して不満を述べることであると主張している。確かに、Comcastが反応を引き出したところを見るとそれは事実であるようだね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1211-859525ef

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。