スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国政府:スリーストライクプランは否定するも…

以下の文章は、P2P Blogの「UK Government: No plans for Three Strikes on the table」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:UK Government: No plans for Three Strikes on the table
著者:Janko Roettgers
日付:October 03, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

エンターテイメント産業は、3度の侵害をしたと見なされるファイル共有ユーザをインターネットから遮断することをISPに強制する、所謂スリーストライク法のために、世界規模でロビー活動を行ってきた。そうした議論のまっただ中にいた国の1つが英国である。

6月、英国政府は、海賊行為を防止するために国内ISPとライツホルダーとの間で合意を取り付けるよう働きかけた。多くの人々は、この合意をスリーストライクへの第一歩であると考え、これを憂慮する一部のユーザたちは、このような措置に対する嘆願を行った

現在、首相府はこの嘆願に反応し、スリーストライクのようなものは、議論にはあがっていないとしている。首相のブログより

「残念なことに、この問題に関する多くのメディア報道は不正確です。ISPに同社ネットワーク上を通過するコンテンツに対して責任を課すようにするという提案はありません。違法なダウンロードといったユーザアクティビティをISPがモニタリングしたり、『スリーストライク』ポリシーを強制するという提案もありません。」

このエントリの続きには、政府が行っているのは、消費者への教育や、侵害者をいかに扱うべきかということを目的とした公開の議論だけであるとしている。これは大凡正しいのだろう。しかし、協議の一部として考慮されている選択肢としては実際には多くを語っていない。政府がP2Pパイラシーと戦うために、ISPにコンテンツフィルタリング、ネットワークトラフィックの管理を強制することになっており、これらは何らかのモニタリングなしには機能しない。

協議そのものは進行中であり、英国市民、企業は今月末まで参加が求められている

たしかにここのPDFをざっと読んでみると、確かにISPに対してコンテンツフィルタリングを要求するというオプションも考慮されているようだ。

Option A4: Requiring that ISPs allow the installation of filtering equipment that will block infringing content (to reduce the level of copyright infringement taking place over the internet) or requiring ISPs themselves to install filtering equipment that will block infringing content

また、繰り返し著作権侵害を行っており、警告にも応じないユーザに対してどうすべきか、という点については、

Some form of effective sanction is needed to ensure that the more serious infringers can be stopped. To that end Ofcom will invite stakeholders, including ISPs and rights holders to join a group to explore effective mechanisms to deal with repeat infringers. Members of the group will look at solutions including technical measures such as traffic management or filtering and marking of legitimate content to facilitate identification, as well as ways in which rights holders can take action against the most serious infringers.

何かしらの罰則が必要であり、それを模索するためにISP、ライツホルダーとの協議を行う。この協議では、トラフィックマネジメント、フィルタリングといった技術的措置、合法コンテンツの判別を容易にするマーキング、ライツホルダーが侵害ユーザに対する訴訟を起こすための方法についてのソリューションが話し合われ、4ヶ月後に報告書を提出するとのこと。

スリーストライクのようなものは確かに否定されるのかもしれないが、それとは別のものがISP、ライツホルダーたちと話し合われることになるようだ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1213-6ce4cdf8

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。