スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校、RIAAに反撃

以下の文章は、TorrentFreakの「Santa Cruz University Fights Back at RIAA」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Santa Cruz University Fights Back at RIAA
著者:Ben Jones
日付:October 09, 2008
ライセンス:CC by-sa

RIAAは、国内全域でファイル共有を疑われたいかなる学生に対しても、訴訟前和解警告状を送付し、訴訟を起こしている。 我々がこれまで大学の海賊行為対策を報じてきたように、一部の大学はその要求に屈している。しかし、カリフォルニア大学サンタクルーズ校など別の大学は反撃に出ている。

RIAAは広範に及ぶ大学と個人をターゲットに、John Doe訴訟を起こすという警告状の送付を多数おこなってきた。その数は確認されているだけでも17,000件以上であり、実際には30,000件を超えているのではないかとみられている。大半の訴訟が、普通の人々に対してランダムに起こされている一方で、特に大学生がターゲットにされる割合が顕著である。

大学が、営利目的のISPより楽なターゲットであることはよく知られている。大学にとって、インターネット接続は主だった収入源ではなく、単なる付加的なサービスであり、さらに大学が対処しなければならないのは、単にインターネット接続の問題だけではなく、広範なトピックに及んでいる。したがって、二、三千名の学生がいたとしても、著作権侵害の問題を業務の一部として扱っている職員は、ほんの2,3人にすぎないかもしれない。彼らは法律をよく理解してさえいないかもしれないが、そうしたIT系の人が法的な問題に対処するよう駆り出されている。

しかし、一部の大学は反撃している。ウィスコンシン大学は学生に『訴訟前警告状』の転送を拒否しており、さらに現在、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)は、RIAAの訴訟マシーンに対して、手続き的な抵抗をしている。数か月前、RIAAの「天敵」Ray Beckermanが書いた記事でよく解説されているが、John Doe訴訟はしばしば新たなキャンペーンを開始し、訴訟前和解のために、氏名と住所を取得するための法的策略となっている。

しかし、UCSCは法的側面―とくにFamily Educational Rights and Privacy Act (FERPA)―からうまく反撃している。この法律のもとでは、たとえ法廷召喚令状があるケースであっても、学生の個人情報の公表が制限されている。このケース(UMG Recordings v Doe)で法廷は、召喚令状は、大学がそのターゲットとその親に召喚令状について知らせるのに十分な「返答」期日が設けられていなければならない、とした。これによって、だしぬけに警告/要求を突きつけられるよりも、RIAAに対してより有利なポジションを得るための法的助言を得る機会を与えられることになる。

もちろん、RIAAが反撃を食らったのはこれが初めてではない。2004年には東海岸側でも同様のケースがあり、ペンシルバニア大学はJohn Doe訴訟のターゲットにされていることを通知し、ターゲットが申立てを行う機会を与えなければならないとされた。そうした申し立てが21日以内になされない場合には、ターゲットの個人情報は明らかにされることになるが、申し立てが行われれば、それが解決するまでは個人情報は秘匿される。ただ、これは『ペンシルバニア州の東部地区』のみに適用されるものであり、国内全域に適用されるものではないようだ。

それにしても、なぜ米国の法廷はこうしたケースで、告発人に比して被告人のことを考慮しないのか、なぜターゲットとされていることを通知されなければならないということに無頓着なのか、理解しがたいところである。UCSCは『最低限必要』とされなければならないことのために戦わなければならなかったのである。一般的に勝利のためには自らにより有利となる証拠を必要とするようなシステムでは、片方だけを一方的に排除してしまうことによって、彼らが不利に扱われてしまうことになる。それは法の趣旨として正しいものなのだろうか?

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1222-f07d38ef

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。