スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P2P金融のZopa、米国市場から撤退

以下の文章は、P2P Blogの「Credit crisis reaches P2P leding sites」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Credit crisis reaches P2P leding sites
著者:Janko Roettgers
日付:October 12、2008
ライセンス:CC by-nc-sa

Finextra.comが報じたところによると、英国ベースのP2P金融サイトZopaが、米国市場への参入から10か月後の現在、撤退するという。 拡大する世界規模の経済危機の真っ只中にあっては無理からぬことではあるが。 FinextraはZopa CEO Doung Doltonの発言を引用している。

「米国の消費者信用は深刻な状況にありますので、我々は英国、イタリア、日本に注力することを決断しました。」

Zopaは、昨今、非伝統的ローンに対する要請が高まっていたことから、信用危機が結果的には同社を救うことになったと主張する。結局のところ、同社はレギュレーションの問題を回避するために米国のCredit Unionsと手を結ばねばならず、そのCredit Unionsは旧来の銀行同様に信用危機によって影響を受けているため、米国での展開を成功させるのは難しかった。

Zopaは米国市場に参入するにあたって、1,500万ドルを集めている。この突然の撤退は、冷え込む信用市場、セキュアではない投資への不安、高まる厳格な規則への要求によって影響を受けているであろう他のP2P金融企業に対して疑念の視線を投げかけることになるかもしれない。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1233-b27d9bd9

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。