スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bay、Microsoftの「世界アンチパイラシーデー」を祝う

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Bay Celebrates Microsoft’s Global Anti-Piracy Day」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Celebrates Microsoft’s Global Anti-Piracy Day
著者:Ernesto
日付:October 21, 2008
ライセンス:CC by-sa

本日、Microsoftは世界アンチパイラシーデーをアナウンスし、以前増大を続ける海賊行為問題に注意を向けた。Microsoftが、世界49カ国で実施している海賊版対策に焦点を当てることで10月21日を祝う一方、The Pirate Bayは同サイトのトップページにて、偽造Microsoft製品へのリンクを掲載することでそれを祝っている-世界中、すべての国の。

The Pirate Bayは世界アンチパイラシーデーを祝うため、彼らの有名なロゴをMicrosoft共同設立者のBill Gatesのマグショットと差し替えることにした。マグショットの下には『Bill Gatesが僕をそうさせたんだ』とある。そして彼の『犯罪』歴に触れている。

同社はBitTorrentサイトのオーナーたちにDMCA削除通知を送付しているが、膨大な数のMicrosoft社製品がBitTorrentやその他のファイル共有ネットワーク上で違法にやりとりされている。

もちろん、Microsoftも違法に取得された自社製品のコピーをインストールさせないために、フラッグシップソリューションとしての‘Windows Genuine Advantage‘システムなど、可能な限り手を尽くしている。ただ、多くの他のアンチパイラシー手法と同様に、これもまた正直な消費者に害を及ぼしている。同システムは20%以上の誤検出率だったりね。その一方で、海賊たちはなんだかんだで自らの望むものを手に入れている。

しかし、Microsoftはこれまで、個々のダウンローダーを訴えることはしてこなかった。RIAAとは異なり、彼らは潜在的な顧客となる人々を、海賊行為における戦いのターゲットであるとは考えていない。その代わり、彼らの努力の大部分は、Microsoft社製品の違法コピーを販売する海賊業者をターゲットとしている。「合法的な企業は、海賊版製品を安価に提供し、米国の海賊版ソフトウェア使用率を20%にまでしているこうした海賊業者と張り合うのに苦労しているのです。」

The Pirate Bayは商業的な関心を持ってはいないが、Microsoftの望みに反して、Microsoftからの警告状には全く無反応である。加えて、この『世界アンチパイラシーデー』が彼らが望んでいるように成功を収めるとは到底思いがたい。現在、インターネット上で最大のBitTorrentトラッカーのトップページにBill Gatesがいるのだからね。

補足としては、20%以上の誤検出率と言っても1年以上も前の話なので、当然のことながら、現在ではより改善されているだろうとは思うけれどもね。

関連記事

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1252-f90acf28

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。