スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISPレベルのアンチパイラシーシステム、BitTorrentには効かず

以下の文章は、TorrentFreakの「ISP Level Anti-Piracy System Neutralized By BitTorrent」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:ISP Level Anti-Piracy System Neutralized By BitTorrent
著者:enigmax
日付:October 28, 2008
ライセンス:CC by-sa

Kazaa著作権侵害裁判において争った2人のライバルは、海賊ユーザを金を支払う顧客に変える強力なアンチパイラシーシステムなるものを作り出すために手を結んだ。それはユーサが容易にそれを回避できないよう、ISPレベルで実装される。しかし、その『Copyrouter』はBitTorrentには手が出せないようだ。

ここ数週間の間、「新しい」アンチパイラシーシステムが、しばしば報じられた。『Copyrouter』は、オンライン児童ポルノへの脅威に対抗するという点で注目を集めたが、こうしたシステムというのは「デュアルユース」を想定して作られるのが常である。未成年者を保護するという名目でお金を稼ぐことができるが、違法ファイル共有を制止する、もしくはマネタイズすることから得られる利益に比べれば、微々たるものである。Copyrouterの制作者はこれをよく理解している。しかし、彼らはBitTorrentユーザから1銭たりとも利益を上げることはできないし、彼らが好むいかなるアクセスをも抑止することはできない。

このCopyrouterを開発したのはBrilliant Digital Entertainmentという企業である。同社の代表Kevin BermeisterとMichael Speckは、悪名高きKazaa裁判で衝突しあった関係であった。彼らは1ヶ月以内に、オーストラリアの匿名のISPのネットワーク上でCopyrouterがテストされることになっている。

Copyrouterシステムは、『ディープパケットインスペクション』として知られるテクノロジーを利用し、ISPレベルで設置される。そしてそれまでにインターネット上で発見された著作権侵害ファイルのハッシュ値のリストにアクセスする。システムは、格納されたこれらの『デジタル指紋』と、Copyrouter(やCopySense)がインストールされた特定のISPのユーザがアクセスまたは送信するファイルとの比較を行う。これらがマッチすると、システムは侵害ファイルの転送を停止し、ユーザの画面上に警告スクリーンを表示させたり、(金儲けのために使うのであれば)海賊版コンテンツを捨て、(おそらくはお金を出して購入する)合法コンテンツを利用するよう支持される。

しかし、これには問題がある。Copyrouterは、LimeWireなどGnutellaネットワーク、DCC+、SoulSeek、Kazaa(未だにこんなの使ってる人いるの?)といったアプリケーションにおいては機能するのだが、BitTorrent転送に対しては何もできない。BitTorrentは複数ユーザから/複数ユーザへ、小さなファイルのピースを受信/送信する『Swaming』テクノロジーを使用している。以前に我々が報じたように、このデータシフトメソッドは、Copyrouterが転送されているデータとデジタル指紋との比較を行うことを不可能にする。結局は、BitTorrent『収益』ストリーム全体の中にBrilliant Digitalを立ち入らせないことになる。これはBitTorrentがインターネット上でもっとも人気のあるP2Pプロトコルであることを考えると、頭の痛い問題であろう。

BrilliantのMichael Speckは MSNBCに対して「幼児に対する性的詐取に対する戦いが、良き仕事であると思わない人が、インターネット上にいるとは思えません。」そうだな、ミスターSpeck。しかし、Copyrouterの主なターゲットが海賊行為ではないと信じる人々もインターネットスペースにはほとんど存在しないだろう。

さて、たとえBrilliantがBitTorrent上の詐取をモニターできないとしても、若い子供たちの保護という点に関してそれほど嘆くこともない。BitTorrentはすべてのP2Pネットワークの中でも「最もクリーン」なのである。Torrentサイトの管理人は既に、Copyrouterが行うとすることを職務としているのである。それも無料でね。

おそらくは以下のような記事に反応していると思うのだが…。参考までに。

DailyTech - Australian Tech Could Turn U.S. ISPs into Kiddie Porn Cops

まぁ、個人的にはBitTorrentに効くかどうかというより、ISPがユーザのファイル転送をモニターし、ブロックすることの是非の方が興味深かったりするのだが。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1263-55e50e9a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。