スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonを襲う海賊Firefoxアドオン"Pirates of the Amazon"

以下の文章は、TorrentFreakの「Firefox Pirates Take Over Amazon」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Firefox Pirates Take Over Amazon
著者:Ernesto
日付:December 03, 2008
ライセンス:CC by-sa

世界最大のオンラインリテーラーAmazonは、オンライン海賊からの攻撃にさらされている。'Pirates of Amazon'と呼ばれるFirefoxアドオンは、Amazon Storeでのお金を支払わない買い物を可能にする。というか、Amazonの製品ページ上に、The Pirate Bayにある『free copies』のリンクを表示させるアドオン、ってとこなんだが。

Pirates of the Amazon』ローンチのタイミングは、それほど幸運(それとも不幸?)なものではなかった。オンライン、オフラインのいずれのリテーラーにとっても、今年最も慌ただしい時期に、このFirefoxアドオンは、ユーザにAmazonオンラインストアで通常見つけることができる製品のページで、海賊版のダウンロードリンクを提供する。

アドオンがインストールされると、Amazon製品ページ内のコンテンツと同一のものがThe Pirate Bayを介して利用可能であるとき、同ページ上に『download 4 free』のボタンが表示される。これは、CD, DVD, ゲーム, 書籍, と、基本的にはデジタルフォーマットに変換できるすべての製品のページにて機能する。

このプロジェクトでは、最大のオンラインリテーラーと最大のBitTorrentトラッカーとのマッシュアップによって、「現在のメディアディストリビューションモデルのカウンターパート」、そして「富の再分配」を目的としている。

このプロジェクトの背後にいる人たちは、The Pirate Bayにリンクしてはいるが、彼らの行動はThe Pirate Bayとは無関係に行われていることを明言している。「我々はThe Pirate Bayとの関係はありません。また違法なコンテンツをホストしてもいないし、(訳注:直接)違法なコンテンツにリンクしているわけでもありません。」と彼らは言う。「このアーティスティックなプロジェクトは、現在のメディアディストリビューションモデル 対 現在の文化および技術的可能性のトピックを指し示すものとなります。」

こうしたFirefoxアドオンは、『Pirates of the Amazon』のみならず、数多く存在する。IMDB、Last.fm、Rotten Tomatoesはいずれも、それぞれのパイレートスキンが利用可能である。これらのほとんどは、Greasemonkey(たとえば、海賊的ニーズに合わせてWebをカスタマイズするといった、便利なユーザスクリプトのインストールを可能にする)アドオンを用いている。

The Amazon Store with Pirated Alternative

まぁ、確かにそれほど目新しい感じもしない。とりあえず、解説ビデオでも張っておきます。


Pirates of the Amazon screencast from pirates_of_the_amazon on Vimeo.

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1322-6a274af7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。