スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなBitTorrentクライアント『Pump』、Torrentも扱えるSongbirdを目指す?

以下の文章は、P2P Blogの「New Bittorrent client Pump aims to be Songbird for torrents」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:New Bittorrent client Pump aims to be Songbird for torrents
著者:Janko Roettgers
日付:December 21, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

フランスのP2PベンチャーzSlideは、Pumpと呼ばれる新たなBitTorrentクライアントのベータテストを開始した。 このクライアントは、コンテンツ志向のウェブブラウジングと、複数サイトからのTorrent、ダイレクトダウンロード、メディアストリーミングの同時検索を統合したものである。 現在、クライアントはWindows似て利用できて、ウェブブラウジングにはMicrosftのInternet Exlorerを 利用している。また、同クライアントはオーディオ/ビデオコンテンツ用のメディアプレーヤーとしての機能も有している。

 

Pumpは、自動的にGoogleでビデオ/オーディオファイルのダイレクトダウンロードを検索し、その他Jamendo、YouTube、Legaltorrents、Mininovaも検査すうr。また、同クライアントは、Specklyやその他のTorrentサーチエンジンから更なる検索結果を取得することも可能になっている。さらに上級ユーザは、検索用にサイトを追加することもできる。

PumpはzSlideがこの3年をかけて取り組んできた最高到達点と言える。おそらく、同社は現在プライベート段階にあるBitTorrentベースのファイル共有サービスPodmailingにて最も知られているだろう。

今年11月、同社はVipeersと呼ばれるTorrentホスティングサービスを開始したが、その過度の利用のために、ここのところVippersベータテストの見直しを強いられており、おそらくはかなりの帯域コストが食われていることだろう。また、同社は以前にホワイトラベル・メディアプレーヤーを開発しており、それはPumpにも組み込まれている。それによって、ユーザは単にコンテンツを再生することができるだけではなく、DVDやCDを焼くこともできる。

Pumpのさらに興味深い点は、自動的にウェブサイト上のTorrentやダウンロード可能なメディアコンテンツへのリンクをスキャンする。これは、オーディオプレーヤーSongbirdのMP3リンク抽出機能と類似している。

そうはいっても、Pumpは依然としてベータ段階にあり、出し抜けにエラーメッセージが表示されたり、さらには意図しないダウンロードが始まったりして、驚かされることもあるだろう。また、インターフェースもやや仰々しく、Pumpには必要以上に機能があると思わせることにもなりかねない。既に別のプレイヤーを知っている、使っているという人に、その代わりにPumpを使ってもらうことは非常に困難なことであるが、様々なプログラムを一度に変えさせることはさらに困難が伴うことだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1357-bc379d71

Comment

| | 2008.12.24 16:28
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。