スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年もほとんどのオスカー候補作品が内部リークされる

以下の文章は、TorrentFreakの「Online Pirates vs MPAA - The 2009 Oscars」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Online Pirates vs MPAA - The 2009 Oscars
著者:Ernesto
日付:January , 2009
ライセンス:CC by-sa

昨日、2009年のオスカー候補作品が発表された。今年は26本の映画が推薦されたが、このノミネートの日までに、26本のうち23本がDVDクオリティで既にオンラインにて共有されている。それらの大半は、投票者のDVDスクリーナーからリークされたコピーであると見られている。

昨年、我々はWaxyのAndy Baioが行った秀逸な調査に注目した。彼は、2003年以降の、全てのオスカー候補映画に関する詳細なパイラシー統計を提供した。先日、Andyから我 々に連絡があり、彼は2009年もこれに懸命に取り組んでいるという。彼の発見に注目してみることにしよう。

2009年のオスカーは26本の映画がノミネートされた。ノミネート作品はアルファベット順に、Bruges、Hellboy II、Iron Man、Kung Fu Panda、Milk、Rachel Getting Married、Revolutionary Road、Slumdog Millionaire、The Curious Case of Benjamin Button、The Dark Knight、The Duchess、The Reader、The Visitor、The Wrestler、Tropic Thunder、Vicky Cristina Barcelona、Wall-E、Wanted。

これら26本のうち25本が、既に昨日のノミネーションデーまでにオンラインにアップされており、Rachel Getting Marriedだけが唯一海賊行為の被害から逃れている。さらにそのうち23本は、MPAAにとって悩ましいことに、DVDスクリーナーまたは市販DVDフォーマット(Region 5を含む)でダウンロード可能となっている。ここ数ヶ月間、これらノミネート作品の多くが我々のウィークリーダウンロードチャートに登場しており、The Dark Nightなどは2008年内に700万回以上ダウンロードされ、年間ダウンロードチャートの完全なる勝者となっている。

もちろん、MPAAは常に映画盗撮海賊たちの『邪悪さ』を熱心に批判してきたし、ここ数年はその厳格な摘発に乗り出している。しかし、それによって、映画産業内部の問題に効果的に対処することはできやしないだろう。これら26のノミネート作品のうち20本がオスカー投票者に配布されたDVDスクリーナーフォーマットにて流通している。ごく一部の例外を除いて、それらの大半はウェブ上にリークされたものであった。

2003年、MPAAはオスカー候補作品のリークを回避するために、オスカー用スクリーナーの配布を一時的に停止していた、しかし、この決断は最 終的に取消されることとなった。それ以降、映画産業は自らのコンテンツを保護するためのCineaといった技術的ソリューションを模索してきた。とはいえ、種々の理由からリークを撲滅するというところにまでは至ってはいない。DVDスクリーナーがオスカー投票者に配達され、その後ウェブにリークされるまでの今年の平均時間は、ほんの6日であった。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1388-e408c04c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。