スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手BitTorrentサイトIsohunt、Google広告の掲載でトラブル

以下の文章は、TorrentFreakの「Controversy as Google Ads Appear on IsoHunt」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Controversy as Google Ads Appear on IsoHunt
著者:Ernesto
日付:January 21, 2009
ライセンス:CC by-sa

世界最大規模のBitTorrentサイトIsohuntは、これまで長きにわたり、同サイトはAsk.comを通じてGoolgeの広告を表示させてきた。そして本日、それにある論争が持ち上がった。複数の企業がIsohunt上に自らの広告が表示されていたことに気づいたためである。そうした企業には、Sony BMG、アーティストのスポンサーであるStatoliHydro、ノルウェーのオンラインメディアストアPlatekompanietが含まれる。

本日のNorwegian pressの報道によると、一部の企業が、世界第3位のBitTorrentサイトIsohunt上に自らが出稿するGoogle Adwordsのテキスト広告が掲載されていたというニュースに反応した。

Googleには著作権侵害に関与する、またはリンクするサイトに広告を掲載しないというポリシーがあり、多くのTorrentサイトはそのサイトのスキームからGoogle Adsenseを排除している。もちろん、いくつかのサイトは依然としてGoogleの広告を表示している。これは単にGoogleがそれらのサイトの性質を知らないというだけであるのだが、Isohuntの場合、それとは事情が異なっていた。Isohunt上のGoogleの広告は、Googleから直接供給されるものではなく、Google Adwordsの『リセラー(reseller)』であるAsk.comによって供給されている。

かつてAsk Jeevesとして知られたAsk.comは、他の複数のBitTorrentサイトとも提携している。ただ、Isohuntだけは、Google Adwordsからの広告を検索結果に表示していた。Isohuntはこれまで数ヶ月、ともすれば数年にわたってそうした広告の表示を行ってきたが、これまではそれに対してクレームが入るということはなかった。

Isohunt上に広告を表示しているオンラインブックセラーBokkilden、検索エンジンのSesamKvasirなど複数の企業は、それほどこれについて不満があるわけではないようだが、それ以外の企業はあまり良くは思っていないようだ。

メディアジャイアントのSony BMGとノルウェーのオンラインミュージックストアPlatekopanietはいずれも、彼らの広告がIsohunt上に掲載されているというニュースに強く反応した。アーティスト・スポンサーのStatoiHydroはこの状況を「嘆かわしい」と述べ、「我々はこの手のサイトの資金調達に貢献するつもりはない」と付け加えた。

Sony BMGのデジタルマーケット部門代表Jan-Henrik Ohmeは、声明の中で「我々は、Googleがこの問題をクリーンにするまで、このサードパーティでの広告キャンペーンを中止する。我々はGoogleにコンタクトをとり、彼らは即座に対応してくれた。」

Googleノルウェーは、この状況について謝罪し、広告主は広告がどこに掲載されたかに関して責任を負うべきではなく、サードパーティが関与したために、彼らはどこに自らの広告が掲載されているのかを知りようがないのだという。しかし、このキャンペーンはノルウェーだけに限られていない。Ask.comはGoogleにきちんと説明しなければならないだろう。

そりゃ怒るわな…。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1395-53c76c51

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。