スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版Gears of War、期限付きDRMのため正規購入ユーザすら起動不能に(アップデート)

以下の文章は、TorrentFreakの「DRM Jams the Gears of War: Crysis and GTA IV Next?」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:DRM Jams the Gears of War: Crysis and GTA IV Next?
著者:Ernesto
日付:January 30, 2009
ライセンス:CC by-sa

PCゲーム「Gears of War」のプレイヤーは、現在、ゲームをロードできないという問題を抱えている。これはゲームのプレイを妨害するためのDRMにより停止期日をハードコー ドされているためである。再び、DRMは正直に購入されたゲームが動作するのを妨げることとなった。さぁ、CrysisやGTA IVはこれに続くのだろうか?

Gears of War 我々はこれまで幾度かに渡って、DRMの問題を取り上げてきた。しかし、今回のDRMほど、消費者の行為を無視し、ゲームを殺してしまうよう故意にデザインされたものはお目にかかったことがない。MicrosoftがリリースしたEpic Studioのゲーム Gears of Warは、現在、全ての購入者がプレイできないでいる。そのDRMのせいでね。

問題のDRMは、2009年1月28日に期限が切れるようハードコードされた認証を含んでいる。そのゲームの認証が切れた現在、ゲームをロードすることは出来なくなり、以下のエラーメッセージが表示される。

[ installpath]\Gears of War\Binaries\wargame-g4wlive.exe : 修正が加えられた実行コードではゲームを起動できません。ゲームを再インストールしてください。

もちろん、再インストールしたところで、認証は既に切れているために何も変わらない。しかし、なぜこのゲームに有効期限による認証が存在しているのだろうか?それも、ゲームがリリースされてほんの15ヶ月で期限切れとなってしまうようなものが。

この問題はEpicのフォーラムにて報告されたことで、『スーパーモデレータ』のjoeGraf(おそらくEpicのスタッフメンバーであろう)は、彼らがこれまでこの問題には気づいておらず、「現在、Microsoftと共に解決に取り組んでいる」という。 しかし、認証の期限を延ばすようアップデートするのか、認証の期限を定めなくするのか、それともそうした認証を削除してしまうのか、いずれにしても、どのようにして解決がなされるのかは依然として明らかにはされていない。もし、認証に新たな期限が発効されたとしても、再び期限が切れたときにこの問題が再燃するだけであろう。

この問題は、Gears of War以降に『Games for Windoes』タイトルとしてリリースされた他の作品にも疑問符をつける。こうしたタイトルには、CrysisやGTA IVなどがあり、これらにも同様の認証が施されている。もちろん、それが問題になるのは「その日」がこなければわからないけれどもね。

とりあえず、このゲームをプレイしたいのであれば、システムの日付を1月27日かそれ以前に戻すことで可能になる。それと、プレイの合間に、このDRMに味わわされた経験をFTC(連邦取引委員会)に報告すること邦訳)もお忘れなく。

これまでDRMは合法的に購入したユーザをひどい目にあわせるばかりであり、さらに、今回のGears of Warのヘマは極めてユニークなものであった。我々が発見した『razor1911』リリースの海賊版においても、同様の影響が見られている。つまり、全ての利用可能なコピーが使えないという状況にある。なんとすばらしいDRMなのだろう。優秀なク ラッカーですらそれを見落とすくらいにうまく隠されていたに違いない。さて、「有効期限のあるゲームはあとどれくらいあるんだ?」

Update:

コメント欄にてhylomさんよりご指摘をいただき、GoWが起動不能になったのは、「原因はDRMではなく、ソフトウェアの改変によるチートを防ぐための機構にあった」とのことです。合わせて教えていただいたArs Technicaの記事でも

While the culprit was first assumed to be DRM, Epic Games VP Mark Rein released a statement.

"The problem is not related to DRM. The online cheat detection features in Gears of War for Windows are based on digital signatures. Well, we made an embarrassing mistake: we signed the executable with a certificate that expired in a way that broke the game," he wrote.

とあり、この一件はDRMではなく、オンラインチート防止機構の不具合であったとのこと。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1404-4f638a5c

Comment

hylom | URL | 2009.02.05 18:37 | Edit
Ars Technica(http://arstechnica.com/gaming/news/2009/02/mark-rein-gow-issue-caused-by-expired-certificate-not-drm.ars)によると、原因はDRMではなく、ソフトウェアの改変によるチートを防ぐための機構にあったそうです。
fufu191 | URL | 2009.02.05 18:49
こんにちは~
私は「BitTorrent トラッカーサイト」のサイトの管理人fufu191と申します。
この度は御サイト様の「P2Pとかその辺のお話」をリンクさせて頂きました。。。
誠に勝手ではありますが、よろしくお願いします!
もしよろしければ相互リンクお願いします!
機会あれば遊びに来てください!
失礼します!
http://bittorrenttracker.seesaa.net/
heatwave | URL | 2009.02.09 01:08 | Edit
hylomさま

補足、ありがとうございます。エントリをアップデートしたいと思います。ご指摘ありがとうございました。感謝です。

fufu191さま

コメントありがとうございます。

相互リンクとのことですが、違法な使われ方を前提にTorrentサイトを紹介するブログを当ブログ読者の方にお勧めしたいとは思いません。

確かに私も海賊行為に興味があり、それを追いかけてはいますが、あくまでも現在の海賊行為の行く末がどうなるのだろうかということに興味があるのであって、海賊版コンテンツの入手に興味があるわけではありません。

現在でも、自由に共有可能なコンテンツは多数存在していますが、残念なことにそうしたコンテンツを共有しよう、紹介しようという人はあまりいません。そうしたサイトであれば是非ともリンクさせていただきたいと思えるのですが…。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。