スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィニー情報流出対策:流出後の対処に10億円投じる愚行

自転車に補助輪をつけてあげることも大事だと思う。でも、いつかはそれがなくても自走できるようにならなければいけない。そうしないと、漕ぎ手はいつだって補助輪がついているものだと信じて疑わないだろうから。

原典:毎日新聞
題名:総務省予算:ウィニー対策で10億円
著者:森有正
日付:2006年12月21日
URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20061222k0000m010142000c.html

07年度予算の財務省原案の復活折衝で21日、総務省が要求していた「Winny(ウィニー)」などのファイル共有ソフトによる情報漏えいを防ぐための技術開発費として、10億円を計上することが認められた。

 ファイル共有ソフトを使うことによる情報漏えいが社会問題になる中、利用者個人だけで対策を取ることには限界があるため、ネットワーク上のファイル共有ソフトの利用状況を監視し、情報の漏えいを迅速に発見する技術や、漏えいした情報を削除して、被害の拡大を防ぐための技術開発などを行う。
それにしても、いかに流出したものとはいえ、いったん人のHDDに治められたものを外部から勝手に削除するというのは法律上問題ないのだろうかと思ってみたり。

それはそれとしても、監視や発見、削除の技術開発って何か無駄な気がするなぁ。というか、対処療法にしかならないと思う。それよりもセキュリティ意識を高めるようにリテラシー教育していくほうがよっぽどいいと思うのだけれど。

この問題の根底には、セキュリティ意識の低さやその知識の不足ってのがあると思うのですよ。勘違いとかね。その辺をしっかりしなければ、問題を先送りしているだけのような気もするのだけれど。

この記事なんかは非常に的確な意見であると思う。
ユーザーの意識を高めなければセキュリティ対策は無駄になる
どのような対策を講じようとも、対策にどれだけの労力を注ごうとも、エンドユーザーからの重荷を技術的に取り除く方法は何もない。これは、あらゆるセキュリティアーキテクチャにおいて常に急所となるポイントだ。例えば、誰かに自宅の鍵を渡し、セキュリティコードを教えたとしたら、家に帰ったときに、その人が自分の家の居間でビールを飲みながら座っていたからといって、驚くのはおかしい。同じく、故意であれ、過失であれ、自分のオンラインアカウントの本人確認情報を周囲に明かしたユーザーは、そのアカウントが改ざんされたとしても驚くべきではない。
冒頭では多少極端に書いてみた。確かにユーザにできる範囲のことは、限られていると思う。専門的な知識があるわけでもないし、ワクチンがない状態ではどうしようもないこともある。でも、それ以前にユーザにできることはあるはずだ。ユーザが自らの判断で危険を回避することができるのであれば、それに越したことはない。現状ではユーザのセキュリティ意識の低さ、そして、セキュリティ意識が高くとも間違った対策をとっているといったセキュリティ知識の低さなどの、根本的な問題が依然としてあるわけで、Winny上での個人情報漏洩があとを絶たないのはそういう原因に由来すると思う。

現状を考えると、Winnyそのものを何とかするよりも、セキュリティ教育を施すほうがよっぽど効果的なんじゃないかと。

それを解決しないと、補助輪に投入しなければいけない予算は倍々になっていくだけだと思うんだが。ただでさえ、増えそうだってのに。まぁ、それで潤う人がいるんだろうなぁ、と邪推してみる。

デスクトップ画像をWinnyで流通させる正体不明のウイルス
杉浦氏は「感染経路などにより、開発者もほぼ特定している」ことも明らかにした。
こういう胡散臭いのだけにはお金をくれてやらないでほしいものです。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/141-68061e2a

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。