スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aXXo、デッドTorrent復活法に警告「ユーザとして最悪の行為」

以下の文章は、TorrentFreakの「aXXo Issues Anti-Piracy Warning」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:aXXo Issues Anti-Piracy Warning
著者:enigmax
日付:Febrary 10, 2009
ライセンス:CC by-sa

ある人はいう、彼は自らの歯だけを使ってたくさんのDVDを数秒のうちにエンコードすることができ、たった1つのNFOだけで数百万の軍隊を指揮することができると。我々が知っているのは、彼がaXXoを名乗っているということだけである。その彼/彼女/彼らが、信者たちに向かってあるセキュリティアドバイスを呼びかけた。

比較的、おとなしくしていたaXXoが、数日前に姿を現した。彼はMininovaのユーザに対して、彼自身が潜在的なセキュリティリスクだと考えているものの影響を緩和するためのいくつかのアドバイスを提示した。その問題はダウンロード速度の低下や、もっとひどいことを招きかねないと彼は警告する。

我々が、デッドTorrentを復活させる方法を紹介したのはつい最近のこと。基本的に、これは既存のTorrentに新たなトラッカーURLを追加して、複数トラッカーで同一のコンテンツをトラッキングする、というものであった。しかしながら、一部のユーザたちは、aXXoの新規のTorrentに他のトラッカーを追加しているのだという(おそらくは、ダウンロード速度を向上させようとしたのだろう)。そしてこれが予期しない結果をもたらした。

「私はmininovaのコメント欄で、一部のユーザがtorrentにトラッカーを追加したと話し合っているのを目にした。torrentにオリジナルリリースには含まれていないトラッカーを追加するのは、ユーザの行いの中で最も最悪なことだ。」とaXXoは、自らの最新リリースの中でコメントしている。「これらのトラッカーはファイルが実際にどれくらいのチャンクであるのか、誰が正しいファイルを保有しているのかを知ってはおらず、そうしたトラッカーがクライアントに送信する情報は、誤っていることがある。そうなればダウンロードは終いだ。」

ここまでaXXoが何を言わんとしているのかが良く理解できないのであれば、少し説明を加えよう。彼は、人々がTorrentに追加した他のトラッカーアドレスが、必ずしも正確なコンテンツをトラッキングしていないかもしれないと説明している。そこにいるピアが、ダウンロードを妨害するために故意にバッドデータを送信することもあり得る。実際、これはMediaDefenderのようなアンチパイラシー企業の常套手段でもあった。複数のTorrentサイトにて彼らがこうした手法を用いていたことが、昨年明らかにされている

「...そこにTorrentを操っている「スペシャリスト」が存在している。」とaXXoは言う。そして、名前を挙げることはなかったが「ISPからの素敵な手紙が、こうした『テクニック』にのせられたピアに送られようとしている」と警告した。

「これが俺からのアドバイスだ」とaXXoは言う。「いやなら止めとけ。」

「いやなら止めとけ」、これには同意。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1421-ac597ed6

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。