スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AllPeers、チャット機能を搭載:とりあえずのレビュー

FireFoxにP2P機能を付加する拡張AllPeersがチャット機能を搭載したよというお話。ファイル共有といっても、現在世界的に広まっている不特定多数とのP2Pファイル共有ではなく、特定少数、つまり友人や家族といった人たちとのファイル共有を目的としており、今回のチャット機能の搭載もその一環であるようだ。インスタントメッセージサービスがブラウザを統合するのではなく、ブラウザがインスタントメッセージサービスを統合すべきであるというスタンスのようだ。

原典:PeerPressure The official AllPeers blog
原題:Encrypted P2P Chat in Firefox
著者:Matthew Gertner
日付:December 22, 2006
URL:http://www.allpeers.com/blog/2006/12/22/encrypted-p2p-chat-in-firefox/

私はしばらくの間、今がインスタントメッセージングとwebブラウザが統合の道を歩んでいると感じています。YahooはメッセンジャーPlug-inを推奨していますし、Microsoftには多くのadd-in、Skypeには付加的なコミュニティスタイルが複数あります。

しかし、インスタントメッセージクライアントに、webブラウザのような機能を加えることは意味のあることなのでしょうか?私たちは、万能のコミュニケーションクライアントがあるのだとすれば、ブラウザそれ自体を拡張することにこそ、本当の意味を見出せると考えています。これは、結局のところ、私たちがオンラインの世界と相互にやり取りするほとんどの時間を費やすのが、ブラウザです。インスタントメッセンジャーでも共有はできます、しかし、本当のところは、それをブラウザで見たいのではないでしょうか。

私たちは、TechCrunchが呼ぶところの"シンプルで、持続的なbuddy(親友)リスト"というコンセプトを持って、かなり前からこの路線をスタートました。アイデンティティとリアルタイム接続リストをブラウザに加えることで、私たちは、次世代のスパムのない、添付ファイルに制限のないe-mail、(破壊的な性質のない)インスタントメッセージの直接性を作り上げました。

インスタントメッセージ機能をAllPeersに追加することは重要なことです。それはリアルタイムコミュニケーションが、ファイル共有やwebページを非常に補うものであるからです。P2P(訳注:技術を利用すること)は、サーバーの設定を必要とせず、そして全ての会話がプライバシーを保証するために暗号化されることを意味します。それは、Allpeersのドラッグ&シェア機能と共にうまく機能し、アイデンティティと接続状態をFireFoxに加えることで得られる潜在的な可能性のヒントを示します。次のステップは、スムースで緊密なコミュニケーション環境を作り出すために、より密接にチャットとドラッグ&シェア機能を統合することです。(訳注:つまり、チャット機能とシェア&ドラッグ機能が現在のところは独立しており、スムースではないため、今後は、チャット内でドラッグ&シェアを可能にし、全てをチャット画面で完結させたいのだと思われる。)

これからも楽しんでください。
予備知識として少し説明をすると、このAllPeers、BitTorrentをベースにしたP2Pファイル共有機能がFireFoxに拡張するものです。目的はFireFox単体で、友人同士が写真や音楽、動画などを共有することのようです。といっても、その画面は我々が思い浮かべるような、torrentに関するステータスがてんこ盛りのものではなく、単にファイルと進歩状況を表示するだけの簡単なものです。まぁ、友人同士での共有ですから、当然といえば当然ですが。

とりあえず、うちのFireFoxを拡張してみます。

AllPeersのダウンロードはこちらから。

普通のAddonと同じようにダウンロードしてインストール、そして再起動します。

するとこんな画面で立ち上がります。
AP01.jpg

"I Agree"をぽちっとな。

続いてこんな画面。
AP02.jpg


ユーザ名、パスワード、e-mailアドレスを入力します。ここで入力されたユーザ名やパスワードが、メンバーリストに登録する際に必要になるので、あまりふざけたものにしないようにしましょう。そしてNext>。これで設定はOKです。AllPeerのメイン画面が立ち上がります。

AP03.jpg
「誰もあなたに何も共有していないよ。なんで他の人を誘わないの?」だってさ。まぁ、それはいいとして、FireFox上部にAllPeersのツールバーが表示されました。操作はここで行うようです。
で、左側にメンバーリストが表示されました。とりあえず、自分とメンバーグループが表示されています。デフォルトではFriendsとFamiliy。グループの追加や削除ももちろんできます。

AP04.jpg

Friendsをクリックしてみたら、誰かを誘おうぜ!とのこと。誰か誘ってください、もしくは誘われてください。

AP05.jpg

AllPeersのツールバー各ボタンの紹介です。最初に一番左のAllPeers Homeを開いてみました。どうやらここにはメンバーからのメッセージが表示されるようです。ここでもまた、メンバーを誘えといわれました・・・。

AP06.jpg

次にShareのボタンを押してみました。サイドバー左上のスペースにドラッグ&ドロップするだけでいいようです。その下のスペースには、本来であればメンバーリストが表示されて、そのうちの誰に共有を許可するかを選択するんだと思います。で、その下のスペースはメッセージと。で、全てを設定したら"Share"のボタンを押すと。

AP07.jpg
とりあえず、メンバーはいないけど、共有ファイルをドラッグ&ドロップして"share"ボタンを押してみた。

AP08.jpg

警告出ました。下のリストから共有したい人を選んでくれって。まぁ、しょうがないです。

AP09.jpg

誘う相手もいないですが、ツールバーのAdd a Contactをポチっと。Allpeersネームか、メールアドレスを入れてくれと。で、グループを選択して、さらに挨拶メッセージを記入。そして、Inviteボタンを押すと。

AP10.jpg

Transfersボタンです。ここには、ダウンロードしたファイル、アップロードしたファイルが表示されるようです。

AP11.jpg

Preferencesボタンです。ファイルの保存先とログの閲覧ができるくらいですかね。

とまぁ、こんな感じです。一切、チャットに触れなかったのはご愛嬌ということで。チャット画面は、AllPeers blogを参照してくださいな。

そのブログでも触れていますが、このようにブラウザだけで完結させてしまうというのは、悪くないなと思います。インスタントメッセージソフトを悪く言うわけではないですが、少なくともそのソフトを立ち上げているときには、ブラウザが立ち上がっているわけです。でも、ブラウザが立ち上がっているからといって、インスタントメッセージソフトが立ち上がっているわけではありません。まぁ、そんな単純な理由というわけではありませんが、わざわざ重苦しいソフトを1つ多く立ち上げるよりも、その2つの機能を1つに統合してもいいんじゃないかなと、1つの選択肢としては非常に歓迎したいというところです。

しかも、これまでのP2Pファイル共有への先入観としての不特定多数へのファイル共有というコンセプトとは全く逆の、特定のファイルを特定の人だけと共有するというコンセプトも非常に面白い。

それはさておき、このAllPeersですが、開発元のAllpeers社では最終的に、そこから利益を上げることを目標としているようです。ただこの機能を有料化するのではなく、オプションとして有料サービスを提供するみたいです。p2pnetのインタビューでは、SkypeがVOIPサービスは無料だけれども、SkypeIn、SkypeOutは有料であることをあげて、そういうことだとしています。また、広告によって利益を上げることを考えているか問いにも、そのつもりはない、としています。

更に驚くべきことに、そのうえでAllPeersをオープンソース化するとも言及しています。その上で、AllPeers社は自らのAllPeersをリリースすると。TorrentFreakの今年はじめのインタビューでも、AllPeers社としてはソーシャルな機能をつけるつもりはないけれど、今年中にオープンソース化するつもりなので、そのあとで誰かがそうするかもしれないね、とのこと。今年中に、というのは実現しなさそうだけれども、それが実現したら非常に面白いだろうなぁ。

にしても、ぜんぜんチャット機能に触れてなくてごめんなさい・・・。

**追記**
どうやら、AllPeersのTourがYouTubeにあげられていたようです。そこで機能紹介をしています。うーん、このエントリの半分は不要だった気もする・・・。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/143-7cc9ec88

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。