スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thing 2: 音楽は聞いて好きになったからこそ購入される (New Music Strategies)

原典: The 20 Things You Must Know About Music Online (pp.14-16)
著者: Andrew Dubber
Website: New Music Strategies

Thing 2: 聞く/好きになる/購入する (Hear / Like / Buy)

音楽マーケティングには、オンライン、オフラインに関わらず、高度なトリックやTipsが数多く存在する。しかし、あなたがこの基本的原則を無視するのであれば、それらのトリックやTipsは何の訳にも立たない。

音楽は、メディアの消費という点では非常にユニークです。図書館で読んだ本がとてもおもしろかったからその本を購入する、ということはありえますが、その映画を好きになったから映画チケットを購入するということはありません。映画の場合、基本的には最初に購入して、それから消費することになります。

DVDはエクスペリエンスを購入するという点では、音楽にやや近いかもしれません。その映画をとても好きになったのでDVDを購入する、ということです。しかし同時に、それ以前に一度試してみた、つまり映画館でそれを見るためにお金を支払ったために、その映画をとても好きになるという傾向があるといえます。

しかし、音楽は異なります、それはラジオが証明してくれているところでもあります。音楽プロモーションのための最も頼れる方法は、人々に音楽を聞かせる、ということです。出来れば、何度も何度も―それも、無料で。その後しばらくして、あなたがラッキーであれば、人々はあなたの音楽を知り、好きになってくれます。そうなれば、遅かれ早かれ彼らはあなたの音楽を所有したくなっているでしょう。

ただ、これはポップミュージックだけに限った話ではありません。ゴミ出しに出たときについ口ずさんでしまうような、そんな頭の中にこびりついてしまうような音楽だけに限らないのです。いわゆる『シリアス』な音楽も、何度も聴くことによって利益を得るのです。いや、こうした音楽の方がなおさらでしょうか。作品がチャレンジングであればあるほど、より多くの露出を得ることで、真に受け入れられ評価されることになるのです。

同様に、音楽を好きになることはエンターテイメントだけの話ではありません。多くの人にとって、音楽の消費はシリアスなビジネスです。ここでの“消費”という言葉は、購入すること、聴くことだけを意味しているのではありません。収集、体系化、そして個人の基準に照らして音楽を理解することも含まれています。そうした領域に踏み入るには、衝動買い以上のものでなくてはなりません。

しかし、いずれの場合でも―それがポップチューンであれ、非常に政治色の強いパンクアルバムであれ、実験的なアバンギャルドな組曲であれ―、重要なことは非常にシンプルです。人々は音楽を聞かなければならない、ということです。彼らはその音楽を聞いたことで好きになり、その後ようやく、あなたがラッキーであれば、音楽を消費する(単に購入したり、聴くということだけではありません)ために経済的関係に関わってくれるのです。

これは、聞く、好きになる、購入する、という順番で起こるものです。これ以外の順番で生じるということはあり得ません。人々がまず音楽を購入し、それを聞き、好きになる、などということを望んでも詮無きことです。それは起こりえません。

もちろん、これはロケットサイエンスではありません。非常にわかりやすく、直感的で、実際的なものです。しかし、音楽をオンラインでプロモーションするとなると、多くの人がそれを忘れてしまうのです。

実際に、知らない音楽を購入するなどという人はいないでしょう。もちろん、知らない音楽であれば聞かれることもないのは言うまでもありません。特に、それが彼らの通常の評価基準から外れた人々の音楽であったときには、より顕著になるでしょう。

また、30秒程度のサンプルは時間と帯域の浪費でしかありません。実際それは役立たないところか、悪影響を及ぼします。あなたの音楽を好きになるには30秒では足りません。彼らにあなたの音楽を聞かせ、それを所有させ、ともに暮らさせるのです。そうして、彼らをファンにするのです。

以前にも増して、あなたはそうした関係を築かねばならなくなっています。そうしなければ、わざわざ聞いてくれることもありませんし、単純に他所へ行ってしまうだけだからです。どれほどあなたの音楽が素晴らしかろうが、あなたは他の数百万の選択肢と戦っているのです。もう1度言いましょう。数百万です。

音楽をプロモートし、カスタマーと経済的関係を構築するための最もシンプルな方法、それは彼らに聞いてもらうということです。彼らにあなたの音楽を好きになってもらい、彼らの音楽のコレクションの一部として聞いてもらうのです。そうすれば、彼らはあなたにお金を受け取ってほしい、そう思うでしょう。

これは単にオンラインミュージックにとってだけの真理というわけではありません。それはまさに、いかにして資本主義が機能するかということでもあります。価値を提供し、そのあとでお金を受け取るのです。

あなたは最初にお金を手にすることはできないのです。そして、価値を判断するのはあなたではありません。

The 20 Things: You Must Know About Music Online 目次

  • はじめに
  • イントロダクション(Introduction)
  • Thing 1: 誇大宣伝を信じるな(Don't Believe the Hype)
  • Thing 2: 聞く、好きになる、購入する(Hear / Like / Buy)
  • Thing 3: オピニオン・リーダー・ルール(Opinion Leaders Rule)
  • Thing 4: カスタマイズ(Customise)
  • Thing 5: ロングテール(The Long Tall)
  • Thing 6: Web 2.0
  • Thing 7: 繋がること(Connect)
  • Thing 8: クロス・プロモーション(Cross-Promote)
  • Thing 9: クリックは最小限に(Fewer Clicks)
  • Thing 10: プロフェッショナリズム(Professionalism)
  • Thing 11: 希少性の死(The Death of Scarcity)
  • Thing 12: アイデンティティを分散させること(Distributed Identity)
  • Thing 13: SEO
  • Thing 14: 承諾(Permission)
  • Thing 15: RSS
  • Thing 16: アクセシビリティ(Accessibility)
  • Thing 17: 報酬とインセンティブ(Reward & Incentive)
  • Thing 18: 頻度がすべて(Frequency is everything)
  • Thing 19: 感染させよう(Make it viral)
  • Thing 20: 製品は過去のもの―関係を売るということ(Forget product--sell relationship)
  • 結論(Conclusion)
  • あとがき

Trackback

音楽は聞いて好きになったからこそ購入される
リンク: 音楽は聞いて好きになったからこそ購入される (New Music St
2009.03.23 08:24 | Corns Blog
Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1430-aed5b96f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。