スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪州:著作権侵害を助長するリンクサイトとそのホスティングISPの責任

違法ダウンロードが可能な楽曲へのリンクを張っていたサイトと、そのサイトをホストしていたISPが著作権侵害で訴えられていた裁判で、その法的な責任を問われたよというお話。うーん、リンクを張っていたという行為を著作権侵害ととるという部分には、個人的にはどうなんだろうと思ったり。まぁ、現状を考えるとしょうがないとも思うけれど。ただ、ISPの責任はどの程度まで問われるのか、という部分は議論の余地はあると思う。

原典:usfl.com
原題:著作権侵害、検索サイトにも責任~オーストラリア連邦裁判所
著者:署名なし
日付:2006年12月22日
URL:http://www.usfl.com/Daily/News/06/12/1222_017.asp?id=51957

オーストラリア連邦裁判所は、著作権で保護された楽曲へリンクを提供するサイトの法的責任を認める判断を下した。

AP通信によると、この訴訟では、違法ダウンロードが可能な楽曲へリンクを提供した検索エンジンサイトの運用者であるステファン・クーパー氏と、同氏のサイトをホストするISPのコムセン(Comcen)が、オーストラリアの著作権法に違反し、サイト利用者の著作権侵害を許可した罪で訴えられていた。

MIPIのゼネラル・マネジャー、ハインドル氏は、判決がグーグルなど検索エンジン業界全体に与える影響を認めた上で、クーパー氏のサイトは楽曲ファイルを標的にしており、グーグルなど一般の検索エンジンとは異なるとの考えを示した。また、判決でIPS(引用注:ISPのミスタイプ?)の法的責任が認められた点を特に評価した。米国では一般的にISPが利用者の行動の責任を問われることはない。

オーストラリアでは、直接の著作権侵害でなくても、アップロードされている著作物のリンクを張るだけでも、著作権侵害に問われるというところでしょうか。

まぁ、著作権的に怪しい動画のアップロードされているYouTubeへのリンクもNGになるのでしょう。日本でも同様の判決が下されたら、けっこう大変なサイトも多そうですな。この場合は幇助になるのかな?よくわかりません。ただ、法律の専門家の方々の中には、現状でも違法ダウンロードを可能にするリンクを張ること自体、違法行為であるとする人も少なからずいるので、対岸の火事というわけでもなさそう。その辺のことは違法アップロードされた著作物へのリンク集はアリなのかというエントリで以前考えてみました。

ちなみに、同様の裁判が中国のBaidu.comに対して行われたけれど、こちらはさすがにサイトの責任を問われることはなかったようで。さすが中国。

で、個人的に興味が湧いたのが、そのサイトをホストしているISPにどの程度責任を課するのかというところ。こちらもオランダで似たような訴訟が行われていて、判決が下ったわけではないけれど、著作権侵害サイトをホストしていた企業が訴えられている。この記事からは、殿程度の責任を問われたのかはわからないけれど、責任を問うからには、それなりの理由と言うものが必要になると思う。

個人的には、このようなISPの責任を現行のまま拡大していくというのは、あまり生産的でもないし、今後、このような裁判が増えていくことが予想されることを考えると、法律の整備や制度的な整備のほうを優先していくべきかと思う。じゃないと、ホスト側もどう対処してよいのかという指針のない不安定な状況が続くことになる。

責任を問うのであれば、その線引きをしっかりするのが先決かと。で、このオーストラリアの裁判では、この団体からISPに対してどの程度の働きかけがなされたんだろう?いきなり訴訟ってこともないだろうし・・・。クレームは入ってたけど、判断がつかないうちに訴訟になっちゃったのかな?どちらにしても、顧客へのサービスを一方的に終わらせるには、何らかのよりどころが必要になると思う。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/145-fccb7dc5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。