スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bay、イラン人の言論の自由を守るフォーラムを設置

いつものことであるが、The Pirate Bayがトップページのロゴを変更した。

このロゴのリンク先は、"Why We Protest"のAnonymous Iranページ。現在、イラン国内は大統領選の不正疑惑を巡って混乱を続けている。しかし、この不正(疑惑)への抗議を行う声は検閲、脅迫により国外に届けるのも難しいとされている。

投票日を前にイラン国内では携帯電話と携帯メールが使えなくなり、14日現在、まだ復旧していない。固定電話や携帯電話は盗聴される恐れがあり、電子メールも痕跡が残ることから不安を感じるユーザーは多い。こうした中、Twitterはイラン国内と国外のユーザーを結ぶ最も確実な通信手段となり(以下略)

CNN.co.jp:Twitterで抗議デモ組織、「学生逮捕」の実況も イラン

とCNNが報じるように、こうした混乱においてはTwitterが大きな役割を果たしているという。今回のThe Pirate Bayの動きも、こうした背景を踏まえたものなのだろう。Anonymous IranページのトップではTorの利用を推奨し、以下のように述べられている。

安全にインターネットを利用し、検閲を避けるために:http://torir.org

このフォーラムは、イラン人とその友人たちがコミュニケーションをとるにあたり安全かつ信頼性の高い方法を提供することを目的としています。今、イランで何が起こっているのかを議論するために、ここを利用してください。ゲストとしても、登録ユーザとしても、Facebookアカウントを利用しても匿名で、このフォーラムに投稿することができます。私たちは政府機関でも、イラン人でもありません。私たちはただ単にインターネットであり、言論の自由を信ずるものです。詳細はこちらを参照してください。http://iran.whyweprotest.net/keeping-your-anonymity-iran/29-people-thinking-iranian-government-site.html

このフォーラムは、thepiratebay.orgAnonymous、そして多数のインターネットフレンドリーな人々によってサポートされています。

The Pirate Bayはご存じのことと思うが、Why We Protestを立ち上げているAnonymousは知らない人も多いだろう。同サイトは、新宗教サイエントロジーがインターネット上での批判を著作権法を盾にひねり潰そうとする動きに対抗して作られたサイト(詳しくはWikipediaのこちらの項を参照のこと)であり、今回もインターネットにおける言論の自由を保証するために立ち上がったのだろう。

ただ、ことはそう単純ではない。単に匿名の発言が可能になれば良いというわけではなく、正しい情報ができるだけ安全に届けられることが求められる。Twitterでイランの情勢を伝え続けているnofrillsさんは以下のようなTweetを残している。

#IranElectionで状況を追う方。2日ほど前から嘘八百が激化しています。「必ず投稿主のアバターをクリックし、どのような投稿をしているか、投稿期間の長さと数、フォロワーの数を確認」でお願いします。投稿期間が数日で体制側がひどいことをしているという投稿が多い垢は、疑って下さい

Twitter / nofrills

他にも「荒訳:サルでも分かる#iranelectionサイバー戦争ガイド」を参照して欲しい(このエントリの内容は既に古いものと考えた方が良さそうだが、こういう状況にある、ということで)。

その妨害の目的はさておいて、とにかく混乱を引き起こすようなTweetを行うアカウントもあるようなので、流れている情報が必ずしも正しいとは限らない状況だ。こうした中、ただ匿名の情報伝達を可能にするだけでは不十分である。そこに信頼性を付与する何か、がなければ、おいそれと信用すべきではない。

追記:

現在、かなりの労を割き、Web、Twitterを駆使してイランの状況を伝えているnofrillsさんよりコメントをいただいた。nofrillsさんがこの"Anonymous Iran"フォーラムを閲覧した水曜の時点では、どうもデマゴーグが蔓延しているように思えたとのこと。匿名であるがゆえに、少なくとも顕名であるとき以上に信頼性が損なわれる可能性が高く、特に混乱を招くことを意図した情報が錯綜している状況では、こういった情報の利用には慎重さが求められる。

なお、私個人としては、イランでの選挙の結果に不満があるというわけではない。それはイラン人が決めることであり、実際に不正があったのだとしても、それはまずいね、という程度だ(もちろん、中東情勢のみならず世界情勢に関わる重大事だとは思っているし、そういった点での関心は強いが)。ただ、選挙はイラン人が決めることだとしても、言論の自由の侵害や不当な弾圧、抑圧に対しては、断固として反対したい。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1482-3e5767fa

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。