スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LimeWire、イラン政府によるネット検閲の回避を支援

以下の文章は、P2P Blogの「Limewire helps to circumvent Irianian Internet censorship」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Limewire helps to circumvent Irianian Internet censorship
著者:Janko Roettgers
日付:June 28, 2009
ライセンス:CC by-nc-sa

Limewireは、同クライアントユーザに対し、イラン大統領選に対する抗議の模様を収めたビデオをダウンロードし、共有することを推奨している。

先週末より、同社のP2PクライアントLimewireを起動すると、イランで行われている抗議の模様を収めたビデオをユーザの共有フォルダにダウンロードするよう求めるスプラッシュスクリーンが表示されている。曰く

「イランはこうした素材を配布するサイトを遮断することで、同国市民そして、世界からの選挙後の混乱に関する情報へのアクセスを制限しています。LimeWireのようなピア・ツー・ピア・ソフトウェアは、イラン政府が効果的に遮断することのできない方法で、批判的な情報や現在起こっている出来事を伝える情報を提供します。」

ユーザがスプラッシュスクリーンをクリックすると、イランからのビデオがアーカイブされた110MBのZIPファイルのダウンロードが開始される。ZIPファイルはLimeWireのサーバから直接ダウンロードされ、ユーザはダウンロード後にそのZIPファイルを解凍し、共有することを推奨される。これらのビデオの一部は非常に生々しく、その多くが携帯カメラや小型カメラで撮影された映像である。もちろん、あなたはこれらの映像の大半をYouTubeで視聴することができるだろう。ただし、あなたがイラン以外の国にいるのであれば。現在、イランではYouTubeへのアクセスは遮断されている。

私は以前、P2Pネットワークとファイル共有サイトが、イランの抗議運動に関する情報の配信において、ますます重要になってくるという記事を書いた。現在、デモの様子や抗議者に対する暴力的な取り締まりなどを収めたビデオは、BitTorrentを利用して広まっているし、The Pirate Bayチームはイランの反対派を支援するウェブフォーラムをローンチした。

LimeWireの今回の行動もそれらと大きく違わないが、ただ、同社は抗議者に関する情報を葬り去ろうとするイランの現体制に対して、明確な姿勢を示している。

「イラン政府は、大統領選の結果として生じた出来事に関する情報の自由な流通を制限しています。Lime Wire社は、選挙そのものに対しては中立な姿勢を持っていますが、インターネットおよび情報の自由を強く信ずるものです。」

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1490-adc979de

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。