スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bayより売却に関する公式アナウンス

以下の文章は、The Pirate Bay Blogの「TPB might change owner」という記事を翻訳したものである。

原典:The Pirate Bay Blog
原題:TPB might change owner
著者:TPB
日付:June 30, 2008
ライセンス:Kopimi

TPBのオーナーが変わるかもしれない

そう、事実だ。

今日、スウェーデンのメディアが報じたとおり、The Pirate BayはGlobal Gaming Factory X ABに買収されることになった。

多くの人が心配しているだろう。でも我々は心配してはいないし、みんなも心配しなくていい。

TPBが金に目がくらんで、まだ金になりそうなうちに高く売ってしまおうと考えているに違いない、と思う人もいるだろう。それは違う。我々が売却を決めたのは、正しい態度とサイトの運営を存続しうる可能性を持った適切な人物だったから。みんなも知ってのとおり、ここ2,3年、The Pirate Bayが大きく変化するということはなかった。本質的には同じサイトにすぎなかった。インターネット上では進化無きものはみな死に至る。我々はThe Pirate Bayがそうなって欲しくはないんだ。

我々は長年このプロジェクトに取り組んできた。今はみんなにとってセキュアかつ安全な方法でもっと多くの人を招き入れるべき時なんだろう。我々はそれを必要としている、さもなくば死に至るだけだ。TPBを死に至らしめることは絶対にあってはならない!

新たなオーナーがTPBをうまく運営できないなら、TPBを使い続ける人はいなくなるだろう。サイトをうまく活かし続けるためには、サイトをみんなが望むかたちで運営していかなければならない。みんなは今、単にファイルを共有できるというわけじゃなくて、他の人と共有しているんだ。今、実質的には誰しもがThe Pirate Bayのオーナーになれる。それは素晴らしいこと。それが我々を後押ししてくれる。

年寄共は未だに古くさいやり方にこだわっている。我々はインターネットの政治活動を止めるつもりはない。もちろん、古くさい連中と対立する側としてね。今、我々は次のギアを入れるための燃料を補給しているところだ。TPBはみんながそれを進化させるためのエンジンになってくれる。新生TPBはプロトコルを進化させるための素晴らしい技術者たちと手を組むだろうからね。我々、テクノロジー以上のものに関心を持つ人々は、それにフォーカスを当てる時間を手にする。それはウィン-ウィン-ウィンの関係。

売却によって手に入れた利益は、言論の自由、情報の自由、ネットの開放性に関するプロジェクトを支える基金に費やされることになっている。みんながこのプロジェクトを支えてくれること、これがすべての人にとって最良の選択肢であると理解してくれることを期待している。

Don't worry - be happy!

このエントリに対する反応としては、支持するというユーザはほとんどいなくて、事実上の閉鎖になると考えて失望する人、この選択を批判する人がほとんど。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1493-7ffa86d9

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。