スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイジアナ州立大学、学内の違法ファイル共有ユーザに50ドルの罰金

以下の文章は、P2P Blogの「University starts to fine students for file sharing」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:University starts to fine students for file sharing
著者:Janko Roettgers
日付:July, 2009
ライセンス:CC by-nc-sa

確かにRIAAはファイル共有ユーザに対する訴訟を中止したのかもしれない。しかしそれは、あなたのメディア消費習慣からお金を奪い取ろうとする 人がもういなくなったということではない。ルイジアナ州立大学の学内紙Daily Reveilleによると、同大学は8月1日より、学内ネットワークにてファイルを共有している学生に対して、50ドルの罰金を科すのだという。記事より。

「ITプランニング・コミュニケーション担当職員のSheri Thompsonは、RIAAからの警告状を受け取った学生は、一般的には4,000ドル程度支払わされるのだと言います。(…)『50ドルは4,000ドルに比べれば安いですし、そこまでの痛手ではありません。50ドルと4,000ドルとでは学生達の生活に与える影響も異なったものになるでしょう。』とThompsonは言います。」

もちろん、RIAAが大量訴訟戦略を断念した半年後に、この大学は罰金を科し始めようというのだから皮肉なものだ。

この記事によるとルイジアナ州立大学は2008年に200通のDMCA通知を受け取ったとある。つまり、この大学がファイル共有ユーザを追い込むことで10,000ドルの利益を上げるかもしれないということだ。必ずしも危機的な予算の問題を解決するものではないだろうが、これは確かにちょっとしたボーナスに成るだろう。

まぁおそらく、この大学がファイル共有に関するリソースを得るために、SlyckやZeropaidにリンクを張る必要はもうなくなるんだろうね :)。

というか、実際のところどうやって取り締まるつもりなんだろう?元の記事によれば、「違法に」ファイルを共有していた場合に罰金を科すことになっている。まぁ、脅しのつもりなんだろうけど…、このやり方に何か問題をはらんでいそうな気もする。というか…

Thompson said the RIAA monitors ports to see if they have left any music files that belong to the RIAA open to the public.

“When you transfer files, they’re called packets, and these packets can be identified as to what they are,” Thompson said. “Usually it’s through things like BitTorrent, or through LimeWire, or any other things that are shareware, where people put up stuff illegally or make it available illegally.”

Daily Reveille - Illegal downloads fine begins August 1

んー、RIAA(というかMediaSentry)がやっていたのは、特定のコンテンツに接続しているユーザのIPアドレスの記録であって、通信の内容じゃない。LSUもMediaSentryを雇ってRIAA同様の監視をするというのだろうか。それとも通信の内容を見るとでもいうのだろうか。さらにいえば、権利者でもないのに、その行為が違法であるかどうかをどう判断するのだろう。

また、P2P Blogの記事では年間200通のDMCA通知とあるが、元記事によれば2008年以降減少しているようで、今は「大体100くらい」なのだとか。でも大学はこの数を非常に多いと考えていて、学生にとって過剰に負担にならない程度だが、ファイル共有を思いとどまるであろう額として50ドルを設定したとのこと。Thompsonは、著作権侵害が起こる度に大学側にコストがかかっており、それが重荷になっているという。集められた罰金の使途については明かされていないが、その補填にでも当てるのかしら。

ちなみに、たとえ大学側に罰金を支払ったとしても、その著作権侵害をRIAAからとがめられた場合、特に大学側が身代わりになってくれる、助けてくれるというわけでもなさそうだ。元記事では、過去の著作権侵害をRIAAからDMCA通知を送付されたケースについて書かれているのだが、それは将来の著作権侵害なら別、というわけでもないだろう。

まぁ、RIAAが訴訟戦略を止めたおかげで、できることなのかもしれないけど。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1518-4cf34d3c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。