スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bayスポークスマン、退職へ

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Bay Spokesman Peter Sunde Resigns」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Spokesman Peter Sunde Resigns
著者:enigmax
日付:August 03, 2009
ライセンス:CC by-sa

多くのドラマに充ち満ちていたこの数年、悪名高きThe Pirate Bayのスポークスマンを務めたPeter Sundeが退職する。Peterは複数のプロジェクト、書籍の出版等の新たな仕事に集中するための時間が全く取れないのだという。「別の人が代わりに出てこられるように、ここを去ることにした」と彼は言う。

おそらく、全く予測外の出来事というわけではないのだろうが、The Pirate Bayの公での発言を担ってきたPeter Sundeが、同サイトのスポークスマンを退職することを公表した。8月末日に完了すると言われているThe Pirate BayのGlobal Gaming Factoryへの売却を考えると、たとえその取引がうまく運んだとしても、Peterのようなユニークな才能を持った人物が、GGFの即時的なビジネス戦略と互換性があるとは思いがたい。

しかしもちろん、The Pirate Bayの運営に関われば、他のことに費やせる時間はほとんどなくなってしまう。これこそがPeterがこの決断を下した主な理由であるという。彼は他のことをするための時間がほしい、と。

「僕は新しいことを成し遂げたいし、僕のエネルギーを違う方向に向けたいと思っているんだ。終わらせなきゃいけないプロジェクトもあるし、本の出版もやらなきゃいけない。それに他にもたくさんの本を書かなきゃいけないんだ。」とPeterは言う。

現在、サイト運営者として直面としている問題に少し触れるかたちで、Peter―彼は数百万のインターネットユーザからbrokepという名でも知られている―は、彼らは「もう一段階上に行かねばならない」と述べ、さらに「今は物理的分散すべきときだ」と言う。

Peterはより良いインターネットを勝ち取るための戦いを諦めることはないと約束した上で、彼の退職が1つの時代が幕を下ろしたことを意味しているのだという。「…でも、別の人が代わりに出てこられるように、ここを去ることにしたってだけなんだ。」と彼は言う。

BitTorrentはあなたを失ったことを残念に思うことだろう。でも…、グッドラック、Peter!

Pirate Bay Spokesman Peter Sunde Resigns

とはいえ、現在控訴中の裁判は彼を含む個人に対するものなので、これからもThe Pirate Bayと関わり続けることにはなるのだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1531-1743da71

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。