スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ法廷、The Pirate Bayに対しオランダ人ユーザをブロックするよう命じる

以下の文章は、TorrentFreakの「The Pirate Bay Ordered To Close In The Netherlands」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:The Pirate Bay Ordered To Close In The Netherlands
著者:Ernesto
日付:July 30, 2009
ライセンス:CC by-sa

オランダのアンチパイラシー団体BREINは、The Pirate Bayに対する訴訟に勝利した。アムステルダム法廷は今日、同サイトは10日以内にオランダでの事業をすべて停止し、それができなければ、3名の被告それぞれに1日につき30,000ユーロ(43,300ドル)を支払うよう命じた。

先週、アムステルダムで行なわれた裁判の中で、BREINの弁護士は、日々行なわれている数百万件の著作権侵害の責任はThe Priate Bayにあり、したがって同サイトはオランダからの利用者をブロックしなければならない、と主張した。

面白いことに、このニュースはThe Pirate Bayの面々―Fredrik、Gottfrid、Peter―には寝耳に水であった。彼らは召喚状を送りつけられるどころか、その裁判すら知らなかったというのだから。こうした動きに対処するため、The Pirate Bayの3人はアムステルダム法廷に書簡を送り、このケースの無効およびBREINに対する損害賠償を求めた。

そして本日、判決が公表され、The Pirate Bayは敗訴した。裁判官はThe Pirate Bayに対し、オランダにおけるすべての活動を停止するよう命じた。これに応じられない場合には、被告個々人に対し、1日30,000ユーロ(42,300ドル)を最大300万ユーロ(4,231,000ドル)に達するま支払うよう命じた。

裁判官は、BREINが3名の被告にこの訴訟を知らせるために手を尽くしたというが、彼らが公式に召還されることはなかった。また、被告側が裁判所に提出された書類では、たとえ彼らが知っていたとしても、経済的な問題から審理に出席することはないだろうことがが示唆された。そのため、法廷はこのケースを欠席裁判とし、BREINの要求通りの判決を下した。

この裁判の被告の1人ともなっているThe Pirate BayのスポークスマンPeter SundeはTorrentFreakに対し、この判決に対し控訴すること、そして現在弁護士を探していることを明らかにした。

興味深いことに、この判決ではThe Pirate Bayには登記上のオーナーがいないことになっているが、この3名の被告が同サイトに対して責任があるのだという。しかし、以前にもお伝えしたように、同サイトは“Reservella”という一企業によって所有されているのだが、本件においてその関係者の名前は全く挙がっていない。

また、創設者3名に加え、現在The Pirate Bayの買収を進めているGGFに対しても、買収の成立後に同サイトの運営を続けた場合には1日30,000ユーロ(42,300ドル)を支払うよう命じられている。

法律の専門家がTorrentFreakに伝えてくれたところによれば、今回の判決は主に抗弁がなされなかったこと、被告が出廷しなかったことに原因であるという。The Pirate Bayが10日以内にオランダ人ユーザをブロックしないとなれば、おそらくBREINはこの判決を手に国内ISPに対して(訳注:The Pirate Bayをブロックするよう)圧力をかけるだろうことは想像に難くない。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1532-4ce43c80

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。