スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ海賊党、総選挙で議席は逃すも84万票を集める

以下の文章は、P2P Blogの「845,000 votes: Pirate Party celebrates election results」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:845,000 votes: Pirate Party celebrates election results
著者:Janko Roettgers
日付:September 28, 2009
ライセンス:CC by-nc-sa

ドイツ海賊党は、昨日の総選挙で845,904票を獲得した。同国議会の議席を獲得するには足りなかったが、この立派な結果は、同党がドイツ政治における恒久的なプレイヤーとしての地位を確立する一助となるだろう。本日公表された公式の選挙結果によると総投票数のおよそ2%が同党への投票であった。同党はプレスリリースにてこの得票数を祝った。

「 ドイツ海賊党の選挙結果は同情票を越えるものでした。自由を求める若者を中心に数万人の人々を動員したというのは、ドイツでも前例がありません。」

ドイツ海賊党は先日の欧州議会選挙では得票率0.9%に留まったが、それと今回の結果とを比較すると同党への支持をなんと2倍にまで伸ばしている。120万票程度を獲得し同国議会に議席を獲得するという目標は叶わなかったものの、ドイツ国内の政党で6番目に人気があることを示す結果となった。

今回の総選挙で切迫した政情とならなかったことも、海賊党にとって幾分幸いなことだっただろう。ドイツ保守政党CDU/CSUやFDPが安定多数で勝利したことで、緑の党や中道のSPDから票を奪ったドイツのラルフ・ネーダーとして海賊党が批判されることもないだろう。

同党が今後どのように進展していくのか、実に興味深い。同党の支持者たちは、ドイツ緑の党の再現だと指摘している。80年代、緑の党は初めて参加した総選挙でわずか1.5%の得票率であったが、次の選挙では議席を獲得することができた。しかし、ドイツ政治はそれ以降大幅に変化し、小さな政党がますます力をつけてきている。このことは皮肉にも海賊党のチャンスを阻むものともなり得るだろう。投票者たちには既に幅広い選択肢が提示されているのだから。

それでも、海賊党は議会の外で効果的な影響力を発揮できるかもしれない。他の政党が投票者たちを取り戻すために、彼ら自身の政治プログラムをよりパイレーツ・フレンドリーなものにすることで。

84万5千票ってすごいなー。

更に、先日のTorrentFreakの記事によれば、今回の総選挙時点では選挙権を持たない18歳未満の若者120,000名が模擬的な選挙を行なったところ、およそ9%の若者たちが海賊党に投票したのだそうだ。

 

海賊党は極めて限定的な政治課題をのみ掲げている政党なので、そういった点ではマジョリティにはなりえないけれど、他のどの政党も取りこぼしている層からの支持を集めることができる。それがこの若者たちの支持であり、総選挙での84万5千票なのだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1569-62900ee7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。