スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国: ファイル共有に無知なスリーストライク推進議員

以下の文章は、TorrentFreakの「UK 3-Strikes MP Ignorant on File-Sharing」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:UK 3-Strikes MP Ignorant on File-Sharing
著者:Ben Jones
日付:October 03, 2009
ライセンス:CC by-sa

英国ではファイル共有対策の協議が続けられているが、 どうもそれは無駄な努力に終わりそうだ。協議が終了したその翌日、 担当議員はP2P対策への意欲を燃やし、インタビューでもその必要性を強調した。 対策を必要とする理由が真実に立脚したものであれば、彼の言い分は正しいのかもしれないが。

バーミンガム選出の労働党議員であり、文化省政務次官のシオン・サイモンは、今週初めにブライトンで開催された労働党大会で、英国のスリーストライク法提案について言及した。

「iTunesやSpotifyから学べることは、人々が使いやすさ、利便性、そして安さを求めているということです。Spotifyの人気が高まるにつれて、ファイル共有の人気は減少していることに目を向けなければなりません。」
「iTunesが登場したことで、ファイル共有は答えではない、未来ではない、それ自体価値あるものではない、それは法の目をかいくぐるために使われていたテクノロジーなんだ、ということに気付き、多くの人がファイル共有から足を洗ったことをよく考えなければなりません。」

しかし、Birmingham Postが報じているように、彼の言葉にはある一連の真実が欠けている。たとえば、Spotifyが人気を獲得したことでファイル共有が衰退した、という主張を考えてみよう。Spotifyが音楽パイレーツを正規ユーザに変える可能性を秘めていることは我々も同意するところではあるが、それがファイル共有全体の流通量に与えている影響はほとんど見られない。

TorrentFreakがThe Pirate Bayから得た情報によれば、英国からのトラフィックは依然として、毎月平均1%も増加を続けている。Mininovaも同様で、2008年9月時点では38.6万人だった月間ユニーク・ビジターが、2009年8月時点では45.6万人と15'%の成長を見せている。Spotifyがファイル共有を衰退させているわけではないのは明らかである。これでワン・ストライク。

しかしもっと懸念されるのは、ファイル共有テクノロジーには価値がない、という主張である。まず、Spotify自体、ファイル共有テクノロジーをベースにしており、人気BitTorrentクライアントuTorrentの主要開発者もその開発に携わっている。それに加えて、国営放送のBBCも複数のBitTorrentベースプロジェクトに関与しており、BBCのテクノロジー・チーフは、P2Pテレビは未来だと語っている。さらに、多くのインディペンデント・アーティストが既に採用してもいる。

我々はここ数年にわたって、インディペンデント・アーティストから映画製作者(そのを問わず)、さらには大企業までもが、このテクノロジーを利用することによって、高額の帯域コストに圧迫されることなく、データを効果的に配信することが可能になったというストーリーをお届けしてきた。ファイル共有テクノロジーはこうした人々にとって非常に価値あるものである。バーミンガムの国会議員さん、これでツーストライク。

上記の発言以外にも、Yahooが報じているところによると、彼はファイル共有が違法でありながらも、それを取り締まるためのアンチ・パイラシー法が整備されていない、という。しかし、ダベンポート・ライアンズACS(そして彼らにターゲットにされたたくさんの人々)について書いた我々の記事を読めば、実際に対処するための法律は既に存在していることは明白だ。また、BitTorrentトラッカーOiNKの管理人アラン・エリスや有罪判決を受けたOinkのアップローダたちを見ても明らかである。これでスリー・ストライクだ、ミスター・サイモン。

彼にとって幸運なのは、まだ誰も正式にこの法律を、こうした理由づけの下に提案してはいないということだろう。基本的なところで3つも事実誤認をしていたのでは、議員給与も減俸ものかもしれない。

現在、サイモン氏にコメントを求めているが、この記事が掲載された時点では回答を受け取ってはいない。

3つのうち、あとの2つの反論には同意するのだが、最初の反論はそれが正しいとしても、「だから」法律が必要なんだ、という再反論にどう応えるのだろう?「使いやすさ、利便性、安さ」の3つが必要だ、という主張は、TorrentFreakがこれまで続けてきた主張でもある。そう考えると、Spotifyのような試みですら、その3つが欠けている、ということなんだろうか。

個人的には、Spotifyは魅力的なサービスだと思うし、使ってみたいとも思うのだが…、これでもダメとなるとどうすればよいのだろう。んー。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1570-ae4987df

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。