スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ法廷、The Pirate Bayに著作権侵害Torrentの削除を命令

以下の文章は、TorrentFreakの「Court Orders The Pirate Bay To Delete Torrents」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Court Orders The Pirate Bay To Delete Torrents
著者:Ernesto
日付:October 22, 2009
ライセンス:CC by-sa

アムステルダム法廷は今日、The Pirate Bayに対し、3ヶ月以内にウェブサイト上から指定された著作権で保護されたコンテンツのTorrentを削除するよう命じた。 さらに、彼らは同サイト上で著作権で保護されたコンテンツのTorrentをダウンロードできる場所にオランダ人ユーザをアクセスさせないよう命じられてもいる。もしこれに応じなければ、3名の『運営者』たちは、それぞれ1日につき5,000ユーロ(7,500ドル)を支払わされることになっている。

オランダ市民をThe Pirate Bayに近づけまいと、アンチパイラシー団体BREINはThe Pirate Bayの設立者3名を法廷に引き摺り出した。 BREINはその裁判に勝利し、Fredrik、Gootfrid、Peterはオランダ人ユーザをブロックするよう命じられた。しかし、彼らはこれに対して上訴した。

そして今日、アムステルダム法廷は、最初のデフォルト判決は無効であるとアナウンスした。つまり、3名の運営者たちは、オランダ人ユーザをブロックしなくともよい、ということである。

法廷はThe Pirate bayが必ずしも著作権侵害に責任があるとはいえないという結論に達した。しかし、法廷は同サイトがユーザに対し、Torrentを共有することを許可し、促していることで、著作権侵害を幇助していると考えているようだ。

被告側は、Fredrik、Gottfrid、Peter はいずれもサイトのオーナーではなく、セイシェル共和国のReservellaという企業がそのオーナーであると主張している。しかし、法廷は被告側が現在のオーナーの氏名を明らかにしなかったこと、同サイトが売却されたことを証明する文書を提示しなかったことから、この抗弁を認めなかった。そして、3名の被告は同サイトに対して責任を有するという結論に達した。

法廷はThe Pirate Bayに対し、著作物にリンクしている一部のTorrentを削除するよう命じた。そのためのリストがBREINから提供されることになっている。これは先日のMininovaに対する判決と同様のものである。被告らはこれに応じるために3ヶ月の猶予を与えられているが、従わない場合には、1日につき1人あたり5,000ユーロ(7,500ドル)の罰金を科させる可能性がある。

Torrentの削除に加えて、被告らはオランダ人ユーザが著作権で保護されたファイルをダウンロードできる場所(ドメイン全体にわたって)にアクセスできないようブロックしなければならないとされた。

The Pirate Bayの3人の弁護を務めるErnst-Jan Louwersは、クライアントがこの判断に対する申し立てを起こすかどうかを検討しているとTorrentFreakに話している。

このトピックについては詳報が入り次第、更新する。(判決文/オランダ語)

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1576-74fa4e1d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。