スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ連立政権、スリーストライク・スキームに反対の立場を示す

以下の文章は、FreakBitsの「No Three-Strikes Anti-Piracy Law in Germany」という記事を翻訳したものである。

原典:FreakBits
原題:No Three-Strikes Anti-Piracy Law in Germany
著者:Ernesto
日付: October 19, 2009
ライセンス:CC by-sa

ドイツの新連立政権は、著作権侵害を疑われるユーザをインターネットから切断することを可能にする法案に反対する声明を提出している。政権与党であるCDU(ドイツキリスト教民主同盟)、FDP(自由民主党)の両党は、そうした法律をもってパイラシー『問題』を解決しないことで合意に至った。

現在、起草された連立合意において、両党は著作権侵害者に対するインターネットの切断を許容しないことで合意した

この決定は、映画・音楽産業のロビイストにとって大打撃となるのだろうが、これはそれほど予想を超えた動きではない。

選挙以前より、FDPのリーガル・エキスパートSabine Leutheusserは既に彼女の党が著作権侵害者に対するスリーストライク・スキームに対して反対の立場をとっていることに言及し、それをドイツ市民の基本的な権利を侵害する不相応な措置であるとした。この見解は、現在の連立合意にも含まれている。

一方で英国やフランスなどの他諸国では、いわゆる「段階的レスポンス」法案が、市民からの大きな反対の声があるにもかかわらず、依然として検討されている。

余談ではあるが、先日のドイツ総選挙の結果、ドイツ海賊党は議席獲得まではいかなかったものの、約84万5千票、総得票数のおよそ2%を獲得し、存在感を示した。18歳未満を対象にした模擬選挙でも、9%の支持を集めており、政治的にもそうした層を見据えた政策が必要とされる・・・のかもしれない。もちろん、パイレーツ・フレンドリーになる必要はないと思うが、あけすけにインターネットを敵視するような、または安易に諸悪の根源とするような姿勢では、今後は厳しいのかもしれない。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1582-3c52355e

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。