スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトの改造Xbox 360の締め出し方は正しかったのか?

以下の文章は、FreakBitsの「Was Microsoft Right To Ban Pirates From Xbox Live?」という記事を翻訳したものである。

原典:FreakBits
原題:Was Microsoft Right To Ban Pirates From Xbox Live?
著者:enigmax
日付:Novemer 12, 2009
ライセンス:CC by-sa

MicrosoftがXbox Liveで海賊版ゲームを動作させるために改造が施されたコンソールを大量にBANし始めたことが、ここ数日で明らかとなった。

しかし、それは正しかったのだろうか?先週、Microsoftは海賊版ゲームを動作させる改造Xbox 360コンソールを発見するために開発された技術を導入し、そうした改造コンソールをXbox Liveサービスから永久に追放した。

一部報道が正しければ、この一斉BANによって最大で100万台のコンソールが排除されたという。

「消費者の皆さんは海賊行為が違法行為であること、海賊版ディスクを利用したプレイのためにXbox 360コンソールを改造することはXbox Liveの利用規約違反であること、違反した場合には保証対象外になること、Xbox LiveをBANされることを知っているはずです。」とMicrosoftはプレスリリースの中で述べている。

しかし、Microsoftがこうした措置を執ったことは正しいのだろうか?おそらく、今回の措置が今年最もオンライン対戦が熱いゲームとされるModern Warfare 2のリリースと同時であったことは、偶然の一致ではあるまい。

私個人の考えを述べよう。愛、戦争、そしてパイラシーにおいては、すべてがフェアである。海賊行為をする人々は、それがしばしば欠点を抱えることをよく理解していなければならない。

欧州での衛星/ケーブルハッキングについてよく知っている人なら(個人的にはこれが米国の状況と類似していると思う)、それが数ヶ月にわたって無料でサービスを受けるための良い方法であることを知っている。しかし、それも最終的には、限定された、大して実のない見返りであることを理解するだろう。

新たなECM(電子対抗手段:electronic countermeasure)が実装されれば、(訳注:不正利用のために)購入した特殊なボックスは機能しなくなり、海賊用カードもアップデートしなければならなくなる。通常、こうした対策は、超大作や人気のスポーツイベントがPPVに登場するのにあわせて行われる。Virgin MediaやNTL TVの海賊ユーザたちは、来年Nagravision 3の導入によってこれを理解するだろう。

これはまさしくいたちごっこである。海賊版製品に頼るのであれば、こうしたルールが存在することを受け入れなければならない。製品やサービスの提供者は、タダでそれを手に入れようとする海賊たちを阻止するためにいかなることをもするだろう。もちろん、そうするための権利の範囲内で。

しかし、Microsoftのしたことは、それとは異なる。海賊版ゲームや改造コンソールの使用は、Xbox Liveの利用規約には違反しているのだろうが、彼らはユーザのXbox Liveアカウントを剥奪するのではなく、実際にはコンソールからサービスにアクセスすることを禁止した。

こうしたXboxが売りに出されたとしたら(これは実際に起こるだろう)、それを購入した第三者がXbox Liveにアクセスできなくなることをも意味している。不用意な購入者が、他人の行為を理由に、実質上罰せられることになる。

私は、Microsoftが同意された規約に違反したユーザのXbox Liveアカウントを剥奪する権利を持っているとは思うが、限定されているとはいえ、故意にハードウェアに損害を与えるというのは行き過ぎであると考える。

先述したように、今週、Modern Warfare 2がリリースされた。個人的には、このゲームはとてもすばらしいゲームであり、今回コンソールをBANされた多くの人たちが、羨望のまなざしを向けることだろう。Xbox Liveの提供する素晴らしいオンライン対戦を体験するためには、彼らは新しいコンソールを購入しなければならない。

問題は…、彼らが購入したコンソールに再び改造を施すリスクを負うかどうかだが…。

ギャンブルであることは、これまで同様変わりないだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1590-bb851dd5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。