スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国、脅威のアンチパイラシー計画がリークされる

以下の文章は、TorrentFreakの「UK’s Terrifying Anti-Piracy Plans Leak」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:UK’s Terrifying Anti-Piracy Plans Leak
著者:Ernesto
日付:Novemer 19, 2009
ライセンス:CC by-sa

明朝、マンデルソン卿はDigital Economy Billを市民に公表することになっているが、この法案はとりわけ違法ファイル共有を抑止することを目的としている。本日リークされた法案の一部によると、違法ファイル共有ユーザに対する 刑事罰、 エンターテイメント産業にこれまで以上の権限を与えるものとなっている。

ここ数ヶ月、英国政府はオンラインパイラシー対策に取り組んできた。これは、違法ファイル共有を疑われたユーザを司法手続きなしにインターネットから切断するというマンデルソン卿の提案に繋がった。

明日、同法案の正式な文面が公表されることになっているが、これまでの報道によれば、海賊ユーザが私企業によって吊し上げられるというデジタル警察国家へのドアを開くものとなるようだ。

本日未明にリークされたこの計画の一部から判断するに、IFPIやBPIなどのアンチパイラシー団体による絶え間ないロビイ活動は確かに成果をあげているようである。

コリィ・ドクトロウがBoingBoigでスクープしているが、彼はTorrentFreakに信頼の置ける「労働党政府に非常に近しい」人物から得た情報であると語ってくれた。

もしその情報が正確なものであれば、この新たな法案はすべてのインターネットユーザのプライバシーに大きな災いをもたらす一方で、エンターテイメント産業には先例のない権限を与えるものとなるだろう。新たな法案の下では、国務大臣は議会の監督を避け、著作権者を保護するために派生法を通すことができるのだという。

以下の3つがあげられている。

1.国務大臣は、オンラインにおける著作権侵害に対する新たな救済措置を作成する権限を得る。(たとえば、ファイル共有に対して刑事罰を科す、家族の誰かが訴えられたとしても家族全員に負担を強いる「スリーストライク」プランを作成する、など)

2.国務大臣は、オンラインにおける著作権侵害から著作権者を保護することを目的とした「権利を与える」手続きを作成する権限を得る。(たとえば、レコードレーベルや映画スタジオに、調査および執行のための権限を与えることができる。この権限により、ISP、図書館、企業、学校に対し、インターネットユーザの個人情報を提供するよう強制したり、ユーザの切断、ウェブサイトの削除、URLのブロックなどを命じることができる。)

3.国務大臣は、「オンラインにおける著作権侵害の助長に関して、いかなる対象に対しても、特定の義務、権限、機能を負わせる」権限を得る。(たとえば、ISPに対しユーザをスパイするよう求める、または、ユーザ生成コンテンツを公開する前に、著作権弁護士にすべての箇所について問題がないかどうかを精査させる。他にも、ウェブ上の著作権を取り締まる権限を付与した著作権「自警団」を組織させることもできる。)

リークされた情報は、国務大臣が議会の監視なしに、ありとあらゆる厳格な対策を導入する権限を得ることを示している。未だファイル共有を疑われたユーザへの対処ポリシー、提案されているスリーストライクシステムの詳細は明らかにされてはいない。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1596-efdbcb14

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。