スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Allofmp3裁判:RIAAの主張「アメリカ人をターゲットにした違法なサービス」

RIAA対Allofmp3のお話。RIAAはロシアで合法的に運営されていても、アメリカ人がターゲットなんだから違法なんだ!といっている模様。どうやらAllofmp3はアメリカで訴訟を受ける形になると、結構大変そうな感じ。にしてもRIAAは何がしたいんだろう?本当に勝てると思っているのか、それともロシア国内にラウンドを移したときに勝てる算段があってこういうことをしているのだろうか?

原典:Ars Technica
原題:AllofMP3: RIAA lawsuit is "unjustified"
著者:Nate Anderson
日付:12/28/2006
URL:http://arstechnica.com/news.ars/post/20061228-8515.html

先週のRIAAからの米国連邦地裁のへの提訴に対して、Allofmp3は高まる国際的圧力によって方針を変える意図はないことを明らかにしている。Ars Technicaに寄せられた声明で同社は「Allofmp3はニューヨークで運営されているわけではなく、この裁判は不当であると考える。確かにレーベルは彼らの望むいかなる訴訟をも起こすことはできるだろう。しかし、彼らはAllofmp3.comがロシア国内において合法的に運営されていることをよく理解しても、だ。当面のところ、Allofmp3は合法的に運営を続け、全てのロシア国内法を遵守していくつもりだ。」としている。

しかし依然として、この声明がAllofmp3とその親会社であるMediaServicesが、アメリカ国内での法廷闘争で争うことを決定するかどうかという疑問に答えたものではない。そのような動きは、数百万ドルに達することに違いないが、しかしSpamhausが最近そうであったように、法廷に現れないことで、欠席裁判が行われる可能性が高い。

Allofmp3が裁判に現れたとしても、法廷では、ロシア国内のでサービスの合法性についての問題が扱われることはなさそうだ。Allofmp3の声明では、そのことを重要な問題であるかのようにしているが、RIAAの提訴では、そのことに触れてはいない。業界団体は、ロシア国内法に準じたAllofmp3をシャットダウンするための努力を断念したように思われる。その代わり、米国の防衛機協定と連邦裁判所への提訴による圧力を選択した。それはより効果的であるようだ。

RIAAは、Allofmp3のサービスが米国では違法であり、Allofmp3がそのサービスの市場を、ロシアではなく、アメリカをターゲットとして、綿密に意図されたものだと主張している。この状況は、米国のギャンブラーをターゲットにした、海外または英国をベースとしたギャンブルサイトのそれに酷似している。そのようなサービスは(その提供している国では)合法的であるけれども、彼らが米国に足を踏み入れたとたん、オペレータは逮捕されることとなった。そして政府は、彼らの収益が米国から流出することを規制しようとした。

今のところAllofmp3の経営陣は、ニューヨークから遠ざかっていたいだろう。
いかにAllofmp3がロシア国内で合法的なサービスを行っていたかどうかにかかわりなく、アメリカ国内に向けて違法なサービスを展開していたことが問題であるとRIAAは主張しているようだ。

でも、個人的にはAllofmp3はあくまで第三者として振舞っている以上、著作権侵害ってのは認められるのかなぁと思ってしまう。それとも、Allofmp3がライセンスを結んでいるROMSによって、著作権使用料が支払われていないという認識がありつつ、それでも運営を継続していることが広義の著作権侵害、もしくは未必の故意という奴に引っかかるとでもいうのだろうか。まぁ、少なくとも、米国内で裁判に応じることで、そのような主張は認められやすくなるだろうけれど。ますますもって、Allofmp3がこの訴訟に応じる意味がない気もする。

Allofmp3にしてみれば、損害賠償額が1兆円だろうと200兆円だろうと支払えるわけもなく、馬鹿げた額になったほうがいいのかもしれない。なんだかんだで、この事態の鍵を握っているのは、ロシア政府の政治判断にかかっているんだろうな。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/163-639bd4a2

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。