スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ:ファイル共有を禁止しているだけではダメ、子供の著作権侵害に635万円の損害賠償

以下の文章は、TorrentFreakの「Mother Who Banned File-Sharing Still Held Responsible」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Mother Who Banned File-Sharing Still Held Responsible
著者:enigmax
日付:January 20, 2010
ライセンス:CC by-sa

コンピュータをよく理解できず、自身の子供たちにインターネット上での音楽のダウンロードや共有を禁じていたある母親が、子供たちの行為に責任があると判断された。ドイツの裁判官は、両親が単にファイル共有を禁止しているだけでは不十分で、 それを守っているかどうかを継続的にチェックしなければならないのだという。

複数のレコードレーベルは、自らの著作物をファイル共有ネットワークで利用可能にしていたIPアドレスを特定し、告訴した.その後、レーベルは問題のインターネット接続の加入者の個人情報を何とか入手した。

加入者は複数の子供を持つ母親であった。レコードレーベルは、彼女の回線を利用し1,000曲余の楽曲が利用可能になっていたとして、彼女に裁判を起こした

女性は、自身がインターネット接続の所有者であることは認めたが、コンピュータやファイル共有がどんなものであるのかについては全くわからないのだと言った。彼女自身による著作権侵害の実行は否認されたが、彼女の子供の1人がやったのかもしれない、と彼女は示唆した。

原告は裁判官に対し、被告の「Mitstörer」としての責任を認めるよう求めた。つまり、女性自身は直接的に著作権侵害に関与していなくとも、子供たちに著作権侵害をさせないよう措置を講じなかった責任がある、ということである。

ケルン高等地方裁判所は、たとえ女性が著作権侵害を行わず、また子供たちのファイル共有ネットワークの使用を禁じていたとしても、保護者(parents)は子供たちの行動を監視する、またはファイル共有サイトを確実にブロックするための措置を講じる義務を有する、との判決を下した。裁判所はレコード会社に有利な判決を下したと考えられる。

この訴訟は、申し立てに基づく損害を取り戻すためのものであったが、賠償額は容疑のかけられた著作権侵害コンテンツの価値を元に算出されている。申し立てでは1,000の侵害に対して、それぞれ1曲につき50ユーロ(この価格は法定によって設定された)、合計50,000ユーロ(635万円)が請求された。

本稿執筆にあたり協力してくれたAldor Niniによると、この女性は上記の金額に加えて、レコード会社の弁護士に2,615ユーロ(消費税別)、法廷に1,368ユーロ、自身の弁護士に最大2,615ユーロ(消費税別)を支払わなければならないのだという。

合計すると700万円を越えるのか。1000曲って言ってもアルバム100枚程度だから、結構すぐにダウンロードできちゃうんだよなぁ。

んー、コンピュータやネットに疎い親は子供にネットを使わせてはならぬ、ってことじゃないのかな、これ。ともすれば、余裕のない人に負担、リスクばかり押しつけてやしないかとも思うんだが。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1631-3b489b67

Comment

nobu | URL | 2010.01.24 22:32
この事件がきっかけで子供からインターネットやコンピュータを取り上げようとする動きが加速しそうで不安です
確かに、教育上良くないものや、今回の事件のように違法な使い方をしてしまう子供はいるでしょうが
コンピュータやインターネットは様々な影響を子供にもたらしてくれます(良い物もあれば、悪いものも)
社会全体が子供をネットワークから切り離すのではなく、参加させつつ守っていく方向に動いてくれると良いかなと思います。。。。
まるこ | URL | 2010.01.29 22:57
悪いことしたらのケツを百回叩けばよろしい。
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。