スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪州: スーパーマリオ違法アップロードの男性、任天堂に1億1600万円の損害賠償

以下の文章は、TorrentFreakの「Wii Super Mario Bros. Pirate Settles for $1.3 Million」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Wii Super Mario Bros. Pirate Settles for $1.3 Million
著者:enigmax
日付:February 09, 2010
ライセンス:CC by-sa

『スーパーマリオブラザースWii』の発売に先だって、同ゲームをインターネット上にアップロードしていた男性が、任天堂と和解した。2009年11月に同ゲームをアップロードしていた24歳の男性は、この巨大企業に130万ドル(150万豪ドル、約1億1600万円)の損害賠償の支払いに同意した。

B002XUMAGWオーストラリア連邦裁判所は、クィーンズランド在住の男性(24)に対し、2009年の終わりにニュースーパーマリオブラザースWiiをアップロードしたことについて、130万ドル相当の損害賠償を支払うよう命じた。

ゲーム小売業者Electronics Boutiqueのマネージャー ジェームズ・バートは、11月6日、オーストラリアでのリリースより1週間早く、同ゲームをアップロードしたことを認めた。

日本の巨大ゲーム企業 任天堂は、さまざまなフォレンジックテクニックを駆使してアップローダーを突き止め、11月23日には連邦裁判所から捜査令状(search order)を取得していたことを声明の中で明らかにしている。それにより(訳注: 警察が)バートの居場所を突き止め、クィーンズランド州シナモンパークの彼の自宅から裁判に用いる証拠として彼の資産を押収した。

さらにバートは、調査の一環として彼の利用していたソーシャルネットワーキングサイト、電子メール、その他ウェブサイトのアカウントにアクセスするためのパスワードを開示するよう命じられた。

通常、オーストラリアでのメディアのリリースは米国や日本に遅れることが一般的であるが、ニュースーパーマリオブラザースWiiに関してはむしろ逆で、オーストラリアでのリリースの方が先であった。そのため、任天堂はこのリークを「世界的問題」と言及した。

「この訴訟手続きは、クリエイティブ・ライツおよびゲーム開発者のイノベーションを保護し、増大する国際的なインターネットパイラシーと戦うために起こされたものです。」と同社は声明の中で述べている。

確かに、このゲームはBitTorrentにおいてかなりの人気を博していた。TorrentFreakが収集したデータでも、2009年12月27日までに、同ゲームは1,150,000回ダウンロードされている。

それでも、ニュースーパーマリオブラザースWiiは、商業的に大成功を収めている。このゲームは発売から2ヶ月で1,000万本以上売れている。これはWiiを所有するゲーマーの6人に1人が購入したことを意味している。単独プラットフォームのゲームとしては最速の売れ行きである。

バート氏がこれほど莫大な損害賠償をどのように支払えるのかについては不明である。少なくとも、Electronics Boutiqueからの給料ではとてもではないがまかなえないだろう。もちろん、彼がその職を失わなければ、の話ではあるが。

News.com.auでは、「many thousands of times」のダウンロードが行なわれたと任天堂側の弁護士が述べている、と報じられている。文字通り「数千回」なのか、それともそれ以上の桁をも含む「たくさんの」という意味なのかはわからないが、Gamespotの記事を読む限りでは、彼のアップロードから派生した流通についての責任も求められているのかなと思われる。任天堂はこの男性について「the individual responsible for illegally copying the file and making it available for further distribution" 」と言及している。「更なるディストリビューション」が、彼のアップロードしたサイトのみを指すのか、それともBitTorrentその他での流通を指しているのかはわからないが…。個人に対する損害賠償の額としては、後者についての責任が影響しているのかなと思える。世界に先駆けてのリークだから、ってことなのかしら。

なお、彼がROMをアップロードしたWiiハックサイト www.yafaze.comは閉鎖を決断したようで、現在同サイトはディレクトリ丸出しのまま、謝罪文を掲載している。

また、せっかくオーストラリアで早めにリリースしたにもかかわらず、このざま状態の任天堂(Nintendo AU)は、日米より遅いっていうからせっかく早くしてあげたのにこのざまだよ、次のオーストラリアでのリリースがどうなっても知らないからね、的な発言をしている。まぁ、たぶんツンデレだと思うけど。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1643-9a98a659

Comment

匿名のPeerさん | URL | 2010.02.10 18:40
自業自得
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。