スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blu-ray版『アバター』、BitTorrentでも高い人気

以下の文章は、TorrentFreakの「Avatar Most Pirated Blu-ray Film Ever」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Avatar Most Pirated Blu-ray Film Ever
著者:Ernesto
日付:April 27, 2010
ライセンス:CC by-sa

大ヒット映画『アバター』は公式リリースからわずか4日にして数十万回とダウンロードされ、更なる記録を打ち立てんとしている。これまでリリースされた全てのBlu-rayタイトルを凌ぐこのダウンロード・レートからすると、今までで最もパイレートされたBlu-ray映画になることは間違いないだろう。

B002P66JN4BitTorrentに登場した初のBlu-rayタイトルは、2007年のアイス・エイジ2であった。その当時は、Blu-rayプレイヤーを所有している人はまだごく一部の人だけで、22GBものファイルのダウンロードをした人も大半は好奇心からだろうと考えられていた。

それから3年、Blu-rayはメインストリームになった。セールスはうなぎのぼり、もちろん、それはBitTorrentやその他のファイル共有ネットワーク上での無許諾ダウンロード数でも同じこと。

先週リリースされたBlu-ray版『アバター』は、Blu-rayというフォーマットにとってのブレイクスルーであった。店舗ではリリースから数日で、数百万本を売り上げ、2008年に『ダークナイト』が打ち立てた記録を破った。BitTorrentでも同様のシナリオを見ることができる。

『アバター』はリリースから4日間で200.000回以上ダウンロードされ、ダントツの人気を誇っている。このダウンロード数は、『通常の』海賊版DVDに比べるとかなり低いものではあるが、これはファイルサイズの大きさ(~10GB)や、Blu-ray市場がDVDほどのレベルには達していないことなどが原因として考えられる。

もう1つ興味深い点としては、リリース直後のダウンロードが最も盛んだった国が英国とオーストラリアだったことだ。その理由として考えられるのは、これらの国では同タイトルがまだリリースされていない、つまり国内店舗では同タイトルを購入することはできないが、海賊版Blu-rayなら入手できるということである。入手可能性の欠如が、BitTorrentユーザを映画のダウンロードに強く駆り立てるというケースが再び起こってしまった。

入手可能性以外にもDRMの問題もあるようで、一部ではBlu-rayプレイヤーで再生できないとの報告が寄せられている。これもわずかながらダウンロード数を底上げしているのかもしれない。

『アバター』は桁外れの成功を収めている映画である。確かにパイラシーが蔓延しているが、この映画が映画史におけるセールス記録を総ナメにしていることを考えると、それほど深刻な影響を与えているとは思いがたい。映画産業はこの事実に安心してくれるに違いない。

『アバター』のような突出した映画の場合には、確かに『深刻な被害』という感じではないのかもしれないけど、ただ全ての映画について同じことが言えるかというとやはり疑問だなぁ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1663-d3f0b57a

Comment

匿名のPeerさん | URL | 2010.05.02 17:51
日本の深夜アニメは主にDVDやbluerayの売り上げから利益を得ていると聞きますが、朝や夕方にやっているアニメの利益はどこから来るのでしょうか?
中にはDVD等が売れるような物もあるでしょうが、全部が全部そういっているとは思えません。
DVDの高さなんかを見ると、ファイル共有を使いたくなるのはある意味仕方ないようにも思いますし、あの値段は中間搾取とか、プロテクトが入ってるからあんなに高いんですかね?
Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。