スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter社、BitTorrentサイトのTwitterアカウントをサスペンド

以下の文章は、TorrentFreakの「Twitter Suspends Accounts of Torrent Sites」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Twitter Suspends Accounts of Torrent Sites
著者:Ernesto
日付:May 02, 2010
ライセンス:CC by-sa

Twitterは少なくとも2つのTorrentサイトのアカウントをサスペンドし、そのフォロワー全員をリムーブした。Twitter側からは、これらのサイトがTwitterのサービスを「悪用した」疑いがあるという以上の理由は説明されていない。両サイトとも、その日に新たに公開されたTorrentの情報を流していた。

人気のマイクロブログサービスTwitterとBitTorrentとの関係は、今年に入ってから愛憎こもったものとなっている。

今年2月初旬、Twitter社はフィッシング攻撃はあるTorrentサイトのスクリプトに由来しているとして(訳註: この件についてはこちらの記事を参照のこと)、そのTorrentサイトのコードにバックドアを仕掛けたのディベロッパーを批判した。そのバックドアは、Twitterアカウントのパスワードを盗み、ハイジャックするために利用されたと推測されている。

それから数週間後、Twitter社は、バックエンドを最適化するためBitTorrentに助けを求めた。Twitterは、BitTorrentを利用し、データをより高速かつ効率的に流通させ、時間や貴重なりソースを節約、運用のスケーラビリティを改善することを目指している。

TwitterがBitTorrentの価値を認めていることは実に素晴らしい。そして、BtiTorrentサイトの側も、Twitterのサービスをフォロワーと対話するためのツールであると認識し、利用している.しかし先週、2つのTorrentサイトが、Twitterから事前の通知なしにサスペンドされるという事態に至った。

YourBitTorrentとTorrentSurfという2つのサイトが、アカウントとそのフォロワーを『失った』。Twitterはサスペンドの理由として「悪用(abuse)」だとしているが、それ以上の詳細は告げられていない。YourBitTorrentのオーナーは、詳細を知るべく1週間ほど前にTwitterに連絡をしたが、今のところ返答はない、とTorrentFreakに語っている。

著作権に関わる問題でサスペンドされた、と片付けてしまいそうにもなるが、このサスペンドには別の説明も可能である。Torrentファイルにリンクされた大量のTweetが、Twitterの利用規約違反とされたとも考えられるのだ。

「更新が主にリンクによるものであり、かつそれがパーソナルなものではない場合」、スパム行為を理由としてアカウントがサスペンドされる可能性がある、とTwitterの規約にある。両サイトともまさにそうした行為を行なっていたわけで、この大量の(リンク)更新によってサスペンドが引き起こされたのかもしれない。ただ、これが本当の理由なのであれば、ほとんど全ての人気のニュースフィードを含むアカウントまで同様のリスクを抱えていると言えるのだが。

ただ、Torrentに関連したアカウントであるというだけでは、サスペンドのターゲットにはされないようにも思える。@EZTVはたくさんのTorrentをリストし続けているし、@isohunt@TorrentFreakなどのTorrent関連のニュースリソースも依然として活動しているわけだしね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1665-74f507bf

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。