スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

uTorrent 'Falcon'プロジェクト: BitTorrentストリーミング、ウェブUIを公開

以下の文章は、TorrentFreakの「uTorrent ‘Web’ Opens Up to the Public」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:uTorrent ‘Web’ Opens Up to the Public
著者:Ernesto
日付:May 23, 2010
ライセンス:CC by-sa

BitTorrent Inc.は今日、数ヶ月にわたって招待制でテストしてきたuTorrentの『ウェブ』機能 Falconを、ついに一般に公開した。FalconはuTorrentの新たなプロジェクトの1つであり、ユーザはTorrentのストリーミングや、シンプルなウェブインターフェイスでどこでもダウンロードをコントロールすることができるようになる。

今年に入り、uTorrentの開発チームは以前にも増して活発な動きを見せている。彼らはuTorrentを単なる標準的なBitTorrentクライアント以上のものにするため、複数の新規プロジェクトを開始している。

Griffin、Pheonなどと同様、FalconuTorrent Labsが最近アナウンスしたプロジェクトである。 Labsでは、開発チームはプロジェクトの初期段階からユーザを参加させ、コミュニティからの有益なフィードバックを期待している。

Falconは、これからのuTorrentにとって1つの柱となるだろう。特筆すべきは、セキュアなウェブインターフェイスを通じてどこからでもダウンロードのコントロールが可能になる機能である。また、もう1つの新機能としては、ダウンロード完了前にビデオの試聴を開始できるストリーミング機能がある。

Falconのウェブインターフェイスは、今年の初頭から招待制でのみ開放されていたが、ついに本日、BitTorrent Inc.は同機能の一般公開に踏みきった。これはアカウントを作成することで試用することができる。ユーザのプライバシーやセキュリティはBitTorrent Inc.が保証している。

現在実装されている機能以外にも、uTorrentはクライアント/ウェブインターフェイスに実装を予定している進行中の大型プランがある。とりわけ、Falconでは、ユーザがより簡単にTorrentを発見できる機能が期待されている。

uTorrentチームは、このようなTorrent検索機能をどのように実装するかについては明言していないものの、サイモン・モリスは「Torrentサイトがクライアント内でコンテンツや検索を促せるような」仕組みに取り組んでいるという。

我々がモリスに、uTorrentはビルトインTorrent検索エンジンを導入するつもりなのかと尋ねたところ、彼らは「uTorrentのユーザ・エクスペリエンスを膨張させるよりも、今はAPIに関心を向けている」と話してくれた。これが今後、どのような形で実現するのか実に楽しみだ。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1676-0e98fc9f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。