スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン海賊党、Wikileaksと手を結ぶ

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Party Strikes Hosting Deal With Wikileaks」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Party Strikes Hosting Deal With Wikileaks
著者:Ernesto
日付:August 17, 2010
ライセンス:CC by-sa

スウェーデンの首都ストックホルムに滞在中のWikileaksスポークスマン ジュリアン・アサンジは、スウェーデン海賊党と協定を交わした。来月、総選挙を控えた海賊党は、報道の自由を守り、Wikileaksが活動を継続できるよう、この告発サイトの新たなサーバをホスティングすることになる。

先月、Wikileaksがアフガニスタン紛争に関する9万超の政府文書を公開したことで、同サイトは米国政府により重大な脅威と認定された。その一方でWikileaksに多くのリーク情報が寄せられることで、同サイトは世界中から、特に政治運動からの支援を受けている。

そのWikileaksに支援の手をさしのべた政党の1つが、スウェーデン海賊党であった。2週間前、海賊党はWikileaksのホストを申し出た。スウェーデン滞在中のWikileaksのジュリアン・アサンジはこの申し出を受け入れ、協定を結んだ。

海賊党代表のリック・ファルクウインエは「Wikileaksを支援できて、大変喜ばしく感じている。」と、TorrentFreakに語ってくれた。

「この協定により、我ら海賊党と他の政党との大きな違いを強調できた。我々は世界に変化をもたらすという責任を果たすため、いかなる変化も積極的に受け入れる。報告書は人任せ、非難を避けることに必死な古くさい政治家とは違う。」とファルクウインエは付け加えた。

ホスティング協定を結ぶアサンジとファルクウインエ

Wikileaksにとって、スウェーデン海賊党からの支援は、重要な意味を持つ。もし、海賊党が来月の総選挙にて議席を獲得した場合、同党はスウェーデン政府内部からサイトを運営することになるのだが、法的手続きにより同サイトを停止しようとしても、議員特権を行使してはねつけることができるようになるのだ。

Wikileaksスポークスマンのジュリアン・アサンジは「海賊党からの支援に感謝する。」とコメントした。「我々の組織は多様な価値観を共有している。世界をよりよいものとするため、互いに助け合う未来型の在り方に期待している。西側民主主義国家といえども、必ずしもあるべき水準で自由があるわけではない。報道の自由を守るためには、絶えず警戒が必要だ。」

「特に我々は、アイスランドのモダン・メディア・イニシアチブをスウェーデンが受け入れることを期待したい。海賊党も同じような願いを抱いているようだ。」

握手を交わすアサンジとファルクウインエ

海賊党代表ファルクウインエは、Wikileaksの活動の重要性を、そしてその活動が、真実を市民の目から隠そうとする腐りきった組織によって妨害されていることを強調した。「我々は、世界中の権力の透明性および説明責任を追及する全ての活動に寄与したいと願っている。」と彼は言う。

一方、アサンジは、Wikileaksが海賊党と同じ理念を持って戦っているとして、この2団体による将来的な共同プロジェクトもありうると話した。「いずれまた海賊党との共闘の機会もあるだろう。楽しみにしている。」とアサンジは語った。

Wikileaksとアイスランド・モダン・メディア・イニシアチブとの関連については、asahi.comの記事を参照のこと。また、モダン・メディア・イニシアチブとその背景については岸 博幸さんの記事が詳しい。

監視や検閲、規制への反対の姿勢は、スウェーデン海賊党が一貫してとってきたスタンスでもあるので、さほど驚きはないかなと。Wikileaksにしても、そういう理念を持った相手がリソースを提供してくれるというのなら、断る理由もないだろうし。

スウェーデン海賊党といえば、最近こんな話題もあった。

スウェーデン海賊党が児童ポルノ解禁を主張: EU労働法政策雑記帳

この記事内でも指摘されているが、児童ポルノ自体を認めるとか全面解禁しろというわけではなく、恣意的な定義が可能なままでの単純所持の摘発や非実在青少年への児ポ法(向こうではどういう法律かはわからないが)の適用を止めろ、というある種、日本でも現在進行形の議論である。他にもこんなのもあったしね。

著作権団体:「児童ポルノはありがたい存在」、児ポを口実にしたWebフィルタリング構想 :P2Pとかその辺のお話 

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1698-c465cf48

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。