スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hotfile、ユーザ1000人やPayPalとともに訴えられる

以下の文章は、TorrentFreakの「Hotfile, 1000 Users and PayPal Named In Piracy Lawsuit」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Hotfile, 1000 Users and PayPal Named In Piracy Lawsuit
著者:enigmax
日付:January 18, 2011
ライセンス:CC BY

先月、BitTorrentユーザから最大規模の和解を引き出したLiberty Mediaが、今度は著作権侵害を武器にサイバーロッカーを絡め取ろうとしている。現在、Liberty Mediaは ファイルホスティングサイトHotfileとそのユーザ1000人を提訴、さらにPayPalに Hotfileの口座を凍結するよう求めている。さらに、Hotfileのドメインを差し押さえるよう主張している。

2011年1月6日、Liberty Media HoldingsはファイルホスティングサイトHotfileを提訴した。この訴訟は今後、非常に大きな意味を持つことになるだろう。

Libertyによると、Hotfileはパナマ企業だとしているが同国には実態はなく、「所在地、住所、主体などをごまかす」ための措置に過ぎないという。Libertyはまた、Hotfileのオーナーはアントン・チトフというロシア人で、ブルガリアないしオランダ在住であるが、フロリダにも住居を構えているという。

また、Lemuria Communicationsという会社も被告として提訴された。同社はHotfileのウェブホストをつとめており、アントン・チトフの片腕であると主張された。Hotfileはダラス、テキサス、フロリダでサーバーを運用しているという。

さらにLibertyは、「現実的または推定的な認識をもちつつ、または意図的にわからないようにしつつ、LIBERTYの作品をwww.Hotfile.comを介し、共同して複製、配布していた」として1000人のユーザを『John Doe(氏名不詳)』のまま訴えた。

PayPalも、Hotfileやチトフ、Lemuriaに金融サービスを提供していたとして、被告に名を連ねた。Libertyは法廷に対し、本件の結論が出るまでPayPalの被告口座を凍結するよう求めている。

Liberty Mediaは、Hotfileには合法的な用途があるとしながらも、その目的が「著作物の違法共有から利益を上げることにあり、その中にはLIBERTYの知的財産が数多く含まれている」と主張、さらにそれは「多数の支援者」によってアップロードされているという。

Libertyは、こうした支援はアフィリエイトの側面も持っており、それらは著作権者ではなく、Hotfileに利益を流し込む「巨大なピラミッド」のようなビジネスモデルを形成すると主張する。

Libertyは、Hotfileに保存されている同社800タイトルへの2,400超のリンクを指摘し、その「不正な目的」を達成するためにLemuria Communicationsのサーバを使用しているのだという。

「Hotfileはユーザが何をアップロードし、何をダウンロードしたのかを自ら知ることのないよう、ファイルの分類やインデックスを意図的に避けつつ、同サイトのウェブトラフィックから利益を上げている。」とLibertyはいう。さらに以下のように主張を続ける。

「被告Hotfile.comが同社の運営の違法性を認識していることは、2種類のダウンロードサービスを提供していることからも立証できる。被告Hotfile.comは、無料のユーザには盗んだ映画を非常に低速でダウンロードさせ、有料のプレミアムユーザにはその10倍の速度でダウンロードさせている。」

また、デジタル・ミレニアム著作権法のセーフハーバー条項については、Lemuriaが著作権侵害に対応するDMCAエージェントを置いている一方で、Hotfileには置かれていない。よって、「著作権侵害の申し立てに関して、セーフハーバー条項の保護条件を満たしていない」と、Libertyは主張する。

LibertyはHotfileが大規模な著作権侵害者であり、同社とアフィリエイト双方の利益のためにウェブサイトにさらなる訪問者を惹きつけるため、著作物をアップロードするようアフィリエイトたちに奨励したという。Liberty Mediaは陪審裁判を求め、Hotfileが誘因、寄与侵害、代理侵害において有罪であると主張し、侵害された作品1つにつき150,000ドルの法定損害賠償を求めている。

さらにLibertyは、この件が解決するまでHotfileのドメイン名を差し押さえるよう要求してもいる。

この訴訟は、先日HotfileがMPAAに提訴される以前に起こされている。

この数年で世界的に問題視されるようになったサイバーロッカー/ワンクリック・ホスティング・サイト、今後どうなっていくのだろうね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1742-75c6da11

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。