スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitTorrentアプリでアルバムをリリースしたインディバンド、100万ダウンロードを達成

以下の文章は、TorrentFreakの「Indie Band Tops a Million Downloads, Breaks BitTorrent Record」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Indie Band Tops a Million Downloads, Breaks BitTorrent Record
著者:Ernesto
日付:March 17, 2011
ライセンス:CC BY

アルバムのミリオン達成、これはほとんどのアーティストにとって夢であろう。しかしその夢を実現できるのは、極々わずかな特権階級に限られていた。今でもそうなのだろうか?BitTorrentの力を借りたインディバンドSick of Sarahのアルバムは、現在100万回以上ダウンロードされている。さらにその過程で、Sick of Sarahのアルバムは最もシードされたトレントの新記録を樹立した。

メジャーレーベルが『彼らの』音楽をBitTorrentサイトで違法配信されないよう、ありとあらゆる手段を講じる一方で、一部のインディレーベルやアーティストたちは、全く異なる道を歩んでいる。

先月、ガール・パンク/ロックバンドのSick of Sarahは、彼女たちの最新アルバム『2205』をBitTorrentで公式配信した(もちろん、配信コストはかからない)。バンドは最大の露出を得るために、BitTorrent Inc.とパートナーシップを結んだ。BitTorrent Inc.はuTorrentやMainlineクライアントないのアプリを通じて、フリーダウンロードのプロモーションを助けた。

レコードレーベルの重役たちは、このアイディアを批判的に「しかし、なぜ無料で?」と、いぶかしがるかもしれない。Sick of Sarahのベーシストとジェイミ・ホルムは、単純にコストとベネフィットを天秤にかけた結果であるという。

先月、ホルムはこのパートナーシップが結ばれた際、「BitTorrentでアルバムをリリースするなんて、もの凄いチャンスだと思う。インターネット上のファンに届いて欲しいし、それに、あたしらのファンもBitTorrentを使ってるしね。」と語った。

「もちろん、成功のためにはアルバム・セールスが重要だってことは、きっとこれからも変わらない。でもBitTorrentは新しいファンをライブに呼んだり、グッズを買ってもらったりするのを後押ししてくれると思うんだ。」

それから1ヶ月、新たなファンにリーチしようという彼女たちの試みは、成功したと言えるだろう。リリースからわずか18日、このフリーアルバムは100万ダウンロードを突破した。最初の1ヶ月間で、1,365,453人のBitTorrentユーザがアルバムをダウンロードした。

ダウンロード数もさることながら、Sick of Sarahは新たなBitTorrent記録も樹立した。音楽アルバムのアクティブ・シーダー数としては過去最高となったのだ。リリースに使用されたClearbitsトラッカーによると、昨日の時点で82,943シーダーであった。我々の知る限り、これまで音楽トレントでこれほど多くの人々がシードしたことはない。

さらに、このシーダー記録は、音楽ジャンルに限らず、過去にリリースされたすべてのトレントの記録にも迫っているのかもしれない。これまでの最大のBitTorrentスウォーム(シーダー+ピア)は、『Heroes.S03E01.HDTV.XviD-0TV』の144,663であった。しかし、そのうち何人がシーダーとなっていたのかは定かではない。

もちろん、彼女たちの成功はBitTorrent Inc.の協力無くしては実現しなかっただろう。BitTorrent Inc.は同社の人気のBitTorrentクライアントのアプリを利用して、アルバムをバンドルした。先月、uTorrentやMainlineクライアントをダウンロードしたユーザたちは、オプトアウトしない限り、自動的にSick of Sarahのアルバムをダウンロードさせられた。言うまでもなく、これ(やFrostClick等他のP2Pプロモーション)は、シーダー記録が樹立した主な理由である。

アルバムのプロモーションは、BitTorrent Inc.の『Artist Pilot』プロジェクトの一環として行われた。このプロジェクトでは、BitTorrentを利用してインディペンデント・アーティストは露出を得るできる。昨日の時点では、Sick of Sarahに代わり、インディペンデント映画『Zenith』のプロモーションが行われている。

言うまでもなく、Sick of Sarahは100万超のダウンロードという、想像を遙かに上回る成功を喜んだ。昨日、ジェイミ・ホルムは「BitTorrentプラットフォームでの成功は圧倒的だった。このテクノロジー、そしてオーディエンスは、未来にしかないわけじゃない、今ここにある。」と話している。

「あたしたちは新しいファンのみんなを大歓迎してるし、今回のオンライン・ディストリビューション実験とかファンとの関わり方が、他のアーティストたちにも新しいドアを開いてくれることを願ってる。」と締めくくった。

やや誇張されているかなと思う。アルバムの100万枚のセールスと、テレビ・ラジオ等での100万人の試聴の間の何かなんだろう。ただ、Sick of Sarahにとっては十分な露出で、成功だったというのは間違いないと思うけども。あと、確認はしていないけれども、記事から察するに、uTorrent/Mainlineクライアントを新規にダウンロードすると、Artist Pilot用のアプリがバンドルされた状態になってるのかな。若干かさ増しされているような。

彼女たちが先ず第一段階の成功を収めたことはよかったね、と思うものの、この仕組み自体は長持ちするようなものでもないような気がするんだけどなぁ。ここで得られる露出は、uTorrent/Mainlineクライアントの人気に依存している、ではuTorrent/Mainlineクライアントの人気は何によって支えられているのか、って考えるとね。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1754-35aa3a0c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。