スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画/音楽産業団体、ISPにブロックして欲しい100のウェブサイト・ウィッシュリストを作成

以下の文章は、TorrentFreakの「100 Domains On Movie and Music Industry Website Blocking Wishlist」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:100 Domains On Movie and Music Industry Website Blocking Wishlist
著者:enigmax
日付:March 22, 2011
ライセンス:CC BY

英国通信・メディア監督機関Ofcomが、ウェブサイト・ブロッキングの現実的な実行可能性について検討しているという。政府関係者は、このメカニズムは、違法ファイル共有への対処として望ましいアプローチであると話している。エンターテイメント産業は、この計画が前進することを祈ってか、ISPにブロックして欲しい100のウェブサイトのリストを用意した。

昨年12月、映画産業は英国にて、ファイル共有サイトNewzbinのISPレベルでのブロッキングを求める訴訟を起こした

MPAAとUsenetインデックスサイトNewzbinとの戦いは長きにわたった。昨年5月、MPAAは裁判の末になんとかNewzbinを閉鎖に追い込んだものの、同サイトはまもなくNewzbin2として復活した。同年12月、MPAAは英国大手ISPのBTに対し、Newzbin2をブロックするよう求める裁判を起こした。

今月初め、ジェレミー・ハント文化・オリンピック・メディア・スポーツ担当閣内相が、情報通信庁Ofcomにウェブサイト・ブロッキングの実行可能性について説明を求めていたことが明らかになった。ブロッキングそのものは昨年成立したデジタル・エコノミー法により実施できることになっている。

Ofcomからの回答は今春中に出されると見られているが、本日、ガーディアン紙が報じたところによると、気の早いエンターテイメント産業は、Ofcomからの回答に先立ってブロッキングのための準備を進めているという。

音楽、映画産業の権利者たちは、彼らがブロックを望む100のウェブサイトをリストアップした。その中には、The Pirate Bayやファイル・ホスティング・サイト、いわゆるサイバーロッカーサイトが含まれている。案の定、Newzbin2もリストに入っているが、ほとんど知られていないMovieberry、Free Movie Online 4 Youといったサイトも含まれている。

こうしたリストをベースにした、ISPと権利者との民間での自発的取り決めが結ばれた場合、ISPは権利者から違法ファイル共有に関する証拠を受け取り、しかる後に問題のサイトをブロックすることになる。

政府会合関係者がガーディアンに語ったところによると、加入者に著作権侵害警告を送付するよりも、サイトブロッキングの方が望ましいという。その理由として、前者は手間がかかり、コストが高くつきそうだとしている。

「私たちはサイトブロッキングに関心を持っている。エンド・ユーザをターゲットにしたくはないし、[警告システム(the mass notification system)は]回りくどい。即時対応できるものが望ましい。」と話している。

では、この100のリストに我々がよく知るサイトは入っているのだろうか?いくつかのサプライズはあるだろうが、おおかた、先日「最も深刻な海賊市場」にて挙げられたものが主にリストされているのだろう。

長らく音楽産業の頭痛の種となっていた、ロシアAllofMP3から増殖したpay-to-downloadポータルたちはリストの上位に食い込んでいるだろう。また、びtTorrentインデックスサイトでは、The Pirate Bayの他に、isoHuntやBTjunkie、KickassTorrents、Torrentzなどがリストされていると思われる。

DemonoidやRUTracker、Zamundaなどトラッカーを持つTorrentサイトも、おそらく入っている。ただ、OpenBitTorrentやPublicBTのような純粋なトラッカーをブロックするのは難しいかもしれない。これらのトラッカーは、検索エンジンも、読み込み可能なファイル名も、トレントをホストしていることもないのだから。

とはいえ、Ofcomがサイトブロッキングは実行可能だと評価したとしても、音楽や映画への違法アクセスを完全に撲滅するまでにはならないだろう。しかし、ファイル共有ユーザの大多数を占めると思われるカジュアルなダウンローダーたちは、違法なダウンロードを諦めるかもしれない。これはおそらく、エンターテイメント産業にとって十分な成果と言えるだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1762-ac4d4294

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。