スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ政府、ダウンロード違法化と有害ウェブサイト・ブロッキングの方針を明らかに

以下の文章は、TorrentFreakの「Dutch Government To Outlaw File-Sharing and Block The Pirate Bay」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Dutch Government To Outlaw File-Sharing and Block The Pirate Bay
著者:Ernesto
日付:April 11, , 2011
ライセンス:CC BY

これまでオランダは、ネット上の違法ファイル共有については甘い国とされてきた。しかし、政府の新たな方針を見るに、これは大きく変わるかもしれない。提案されている法律の下では、著作権で保護された映画や音楽のダウンロードが違法化される。国会議員たちは、『海賊サイト』を潰すためには、こうした変化が必要だと主張する。

オランダは、アンチパイラシー団体BREINによる訴訟を中心に、ファイル共有と著作権に関連したニュースを定期的に提供してきた。

BREINは、かつて世界最大規模を誇ったトレントサイトMininovaに終焉をもたらし、The Pirate Bayの設立者に対する有罪判決を勝ち取り、最近では最大手のUsenetコミュニティに勝利した

このように、BREINは数々の勝利を手にしてきたが、そのお膝元のオランダでは、私的利用のための映画・音楽のダウンロードは合法とされてきた。ファイル共有においてもアップロードのみが法によって罰せられる。しかし、オランダ政府の新たなプランが承認されれば、この状況は一変するかもしれない。

本日、オランダ法務大臣フレッド・テーベンは、政府が現在の著作権法を現代化する意志があることを明らかにした。新たなプランの中でも最もドラスティックな変化としては、現行のアップロードに加え、著作物のダウンロードも違法化されることになる。

この著作物の共有の全面的禁止に加え、ブランクCD/DVDに「コピー税」を課すことも計画されている。この課税は、1枚につき0.20~0.87ドルを課し、映画や音楽の私的複製について権利者に補償するものとなる。

法務大臣は、政府が積極的にダウンローダー個人を摘発することを目的として、このようなファイル共有に関わる法改正を望んでいるわけではないと言う。しかし、政府としては、インターネット・サービス・プロバイダーによる『海賊ウェブサイト』のブロッキングが望ましい、と強調する。現在のところ、これは不可能である。昨年、BREINはオランダの2つのISPに対し、The Pirate Bayへのアクセスを遮断するよう求めて訴訟を起こしている。しかし、この試みは失敗に終わった

テーベン法務大臣は、メインターゲットの1つにThe Pirate Bayを挙げ、ISPがブロックすべき「違法コンテンツの主要リソース」であるとした。

新たな法律は、すべての市民に適用されるものとなるが、狙いとしては違法ウェブサイトのブロッキングにあるようだ。他の国で提案されているようなスリーストライク・ルールはなく、政府はファイル共有ユーザ個人を摘発することはない。

BREINはこのニュースに関して、今後もファイル共有ユーザ個人を追求することはないと確認した。彼らのメインターゲットは著作権を侵害するユーザではなく、それを容易にするウェブサイトであるという。

政府の新たな方針には、こうした厳格化以外にも、ファイル共有ユーザのプライバシー保護も盛り込まれている。キーポイントの1つとしては、大規模な違法ファイル共有ユーザに限り、その個人情報を請求することができるというもの。これは現在米国に見られる「支払え、さもなくば」という和解スキームを防ぐものとなる。

上記の記事からは、ダウンロード違法化、私的録音録画補償税の導入、著作権侵害に関わるウェブサイトのブロッキング、(多少曖昧ながら)情報開示請求の線引きなどが盛り込まれていることがわかるのだが、ソースの多くがオランダ語なので、具体的な内容まではわからなかった。

ダウンロード違法化に関しては、ユーザ個人の摘発は考えていないとあるので、罰則の導入はないのかも。ただ、The Pirate Bayなどのウェブサイトをブロッキングする口実として、ダウンロード違法化を持ち込んでいるとも思える。

ちなみに、タイトルで有害ウェブサイトとしたのは、The Pirate Bay等のウェブサイトを違法サイトとして良いのかどうかはわからなかったので。裁判所が個々のウェブサイトを国内法に照らして違法であると判断し、その後にブロッキングがなされるのであれば、違法ウェブサイトと言えるのだろうけれども。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1775-4cd19400

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。