スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lime Wire社、RIAAに1億500万ドルの損害賠償支払いで和解、ただしアーティストは補償されない?

以下の文章は、TorrentFreakの「LimeWire Pays RIAA $105 Million, Artists Get Nothing」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:LimeWire Pays RIAA $105 Million, Artists Get Nothing
著者:Ernesto
日付:May 13, 2011
ライセンス: CC BY

Lime WireとRIAAとの陪審裁判は、和解による解決に至った。Lime Wire社は、メジャーレーベルが被った損害への補償として、1億500万ドル(約85億円)を支払う。これは音楽産業にとって、正義が示された瞬間なのだろう。ただし、アーティストにとっては必ずしもそうとは言えない。音楽産業が取り返したお金は、今後のアンチパイラシー活動に費やされることになっており、アーティストへの補償に使われることはない。

昨年、Lime Wire社に下された差し止め命令では、Lime Wire社は「故意に著作権侵害を助長し」、同社ソフトウェアは「圧倒的に著作権侵害のために」用いられ、さらに同社はLimeWireユーザによって「実行されるかなりの著作権侵害」について認識していたとされた。

さらに、LimeWireは旧Napsterユーザ向けにマーケティングが行われ、そのビジネスモデルは大規模な著作権侵害に頼るものであったという証拠が示された。

差し止め命令を受けて、ファイル共有クライアントLimeWireは即座に無効化された。しかし、Lime Wire社のトラブルはこれで終わることはなかった。レーベルと音楽出版社は、Lime Wire社によって被ったとする損失の補償を求め、このファイル共有サービス運営会社を訴えた。

レーベル側は、Lime Wire社によって被った損失は最大10億ドルに当たるとして、訴状を提出した。

先週、ニューヨーク連邦地裁陪審が開始された。しかしLime Wire社とRIAAは、評決を待たず、1億500万ドルで和解することに同意した。RIAAは9,715曲について訴えを起こしており、1曲に換算すると10,808ドル(約87万円)に相当する。なお、陪審裁判では、1曲(訳註:1つの著作物)につき最高15万ドル(約1213万円)が科せられる可能性があった。

レーベルがこの結果に満足していることは間違いないだろう。彼らは、LimeWireがレーベルとそのアーティストに重大な損失を与えたとうまく主張した。

RIAAチェアマン ミッチ・ベインウォルは「本件の解決は、クリエイターが適切な報酬を受けられる合法的な市場に向けて、オンラインミュージックが今後も進化しを続けていくための、新たなマイルストーンになるでしょう。」とコメントした。

しかし、残念なことに、RIAAはその『損害』をアーティストと共有してはおらず、補償することもない。本件において、RIAAは、数千のアーティストを犠牲者として代表していたにもかかわらず、和解金がアーティストの口座に振り込まれることはなさそうだ。

以前、RIAAのスポークスマン ジョナサン・ラミーがTorrentFreakに語ったところによると、パイラシー関連訴訟において発生した『損害賠償』は、アーティストの手元には渡らず、今後のアンチパイラシー・キャンペーンに投資されることになるのだという。「取り戻したすべての資金は、現在行っている啓蒙およびアンチパイラシープログラムに再投資されます。」と彼は話した。

これまでのところ、RIAAはLimeWireから得られる和解金をどう使うかについて公表してはいない。しかし、彼らがこれまでとは異なる方針をとるとも思いがたい。つまり、本日、補償を勝ち取ったことはメジャー・レーベルにとっての勝利であっても、ミュージシャンにとっての勝利ではない、ということなのだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1798-4fef40d8

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。