スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipedia、YouTubeの急上昇

WikipediaとYouTubeのトラフィックが増加しているよというお話。それ以上でもそれ以下でもないので、それほど驚くべきことではないけれど、他の顔ぶれを見てみるとすごいところまで来ているなぁと思う。Wikipediaはそれでいいのだけれど、YouTubeはユーザが増えれば増えるほど、首が絞まっていくのではないかしら?

原典:Slyck.com
原題:Wikipedia, YouTube Make Big Gains
日付:October, 26、2006
著者:Thomas Mennecke
URL:http://www.slyck.com/story1322.html

Comscoreは月例のインターネットスナップショットを公表した。それは、15の最も人気のあるweb siteのリストである。古参のものでは、Microsoft、Yahoo、Google、eBayが上位につけているが、比較的新顔としては WikipediaとYouTubeが急激な上昇を見せている。Wikipediaは1億5400万人、YouTubeは8100万人のユニークビジターを記録した。Comscoreによると、Wikipedia、YouTubeともに、8月から9月の間に12%のトラフィックの上昇が見られた。

Wikipediaは百科事典をベースにしたコミュニティで、正確さと妥当さはWikipediaメンバーに依存する。これに関して、その事実上の誠実さへの懸念はあるものの、その急成長はWikipediaには公共の信頼性を持っていることを示している。また、YouTubeは、ユーザに個人のビデオクリップやムービーをアップロードする推奨されたサイトのコミュニティである。そこには、多くの、奇妙で、馬鹿馬鹿しく、面白く、時には著作権で保護されたものまで集められている-それによって多くの人は、このサイトの行く末に疑問を呈している。しかし、 Googleによる16億5000万ドルの買収劇で、この恐れは、幾分和らいだ。 下記は、2006年9月のComscoreのトップ15のweb siteである。

Web Properties Total Unique Visitors
(000) Sept-06
Worldwide Total (Ages 15+) 726,749
Microsoft Sites 505,479
Yahoo! Sites 480,641
Google Sites 467,498
eBay 237,327
Time Warner Network 217,843
Wikipedia Sites 154,848
Fox Interactive Media 117,789
Ask Network 112,768
Adobe Sites 95,196
Apple Computer, Inc. 94,909
Lycos, Inc. 91,126
CNET Networks 84,259
YouTube.com 81,019
Viacom Digital 65,799

さて、冒頭にも書いたけれど、Wikipediaはユーザが増えれば増えるほど、共有できる情報も増える可能性が高まるので(逆もあるけれど)、それはそれでよしと思えるのだけれど、一方でYouTube。各方面から嫌われているGoogleさんに買収され、かつビジターもうなぎのぼりってんじゃ、いい加減痛い目を見そうな予感。そろそろ、業界団体も大きな一手を打ってきそうだよねぇ・・・。さすがに今のYouTubeの状態を知っているユーザさんでも、大々的な法的措置を喰らっても仕方ないよなと思うんじゃないかしら?

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/18-026178b6

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。