スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国:音楽・映画ストリーミングの刑事罰化を求める法案が提出される

以下の文章は、TorrentFreakの「U.S. Bill To Criminalize Illicit Movie / Music Streaming」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:U.S. Bill To Criminalize Illicit Movie / Music Streaming
著者:Ernesto
日付:May 17, 2011
ライセンス:CC BY

3名の米国上院議員が、音楽、映画、テレビ番組の無許諾ストリーミングに罰則を科す法案を提出した。現在の法律では、ストリーミングに対する刑事罰が想定されていないため、同法案はそのギャップを埋めるためのものと言える。しかし、問題は本当に新たな法律が必要なのか、ということだ。既にこの数カ月間、当局は複数の映画ストリーミングサイトに対する捜査を進めている。

3月、ホワイトハウスは、著作権法をデジタル時代に適応させるための提言をまとめた白書を公表した。白書では、著作物の無許諾ストリーミングを重犯罪に分類し、著作権に関連した事件での盗聴を可能にするよう強調された。

この最初の提案は、エイミー・クロブシャー、ジョン・コーニン、クリストファー・クーンズら3名の上院議員によってなされた。彼らは先週、公式に法案を提出した。この法案(S. 978)は、あのPROTECT IP法案(オンライン著作権侵害を助長するサイトを取り締まるための、もう1つのアンチパイラシー法案)と同じ週に発表された

この法案が成立すれば、法の規定を遵守しなければ、著作権で保護されたコンテンツをストリーミング配信するサイト(例えばYouTube)は刑事罰を課せられる。現在の法律上の定義では、ストリーミングは「複製と配布」ではなく「公演(public performance)」とされている。

新たな法案のもとでは、ストリーミングサイト(及びそのユーザ)は、BitTorrentやダイレクト・ダウンロードといった従来のファイル共有と同様の扱いを受けることになる。これにより、当局はストリーミングサイトをよりアグレッシブに取り締まれるようになる。しかし、ここには大きな疑問がある。こうした権限を新たに与える必要は、本当にあるのだろうか?

ここ数カ月、『無許諾の』映画ストリーミングサイトに対する米国政府の取締りのニュースを追いかけていた方なら、既にストリーミング配信が犯罪として取り締まられているじゃないか、と考えるだろう。「Operation in Our Sites」の一環として、米国移民関税執行局(ICE)と国家安全保障省(HSI)は、既に複数のストリーミングサイトに対する刑事捜査を開始している。

Channelsurfing.netはその影響を受けたサイトだ。同サイトは、外部のスポーツストリーミングへのリンクを提供していた。Channelsurfing.net自体は、コンテンツをストリーミング配信してはおらず、単に第三者のサイトが提供するストリーミングをリンクしていただけである。それでもICEとHSIは、同サイトを犯罪活動だと判断し、テキサス州のブライアン・マッカーシー(32)を容疑者として逮捕した

マッカーシーは、著作物の「複製と配布」について著作権を侵害した疑いがもたれている。さらに、彼は著作権侵害の幇助及び教唆の疑いでも起訴されている。

これらのことは、当局が既に、ストリーミングないしストリーミング配信へのリンクを重罪として扱っていることを示している。このことは、マッカーシーの逮捕や昨年のサイトドメインの押収は違法だったということなのだろう。そうでなければ、ストリーミングサイトに対処するための新たな法律など必要ないのだから。

もし、この法案が成立すれば、ストリーミング配信者は最長5年の懲役が科せられる。この刑期は、ブライアン・マッカーシーが直面しているのとまさに同じである。彼は、3月に、ストリーミング配信を『リンクした』として逮捕されているのだがね。

法はしばしば混乱をもたらす、時に正義(justice)を欺くほどに。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1804-07cc6f9d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。