スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ海賊党、選挙直前に全サーバ押収される

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Party Servers Raided by German Police 」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Party Servers Raided by German Police
著者:Ernesto
日付:May 20, 2011
ライセンス:CC BY

今朝、ドイツ警察は、ドイツ国内で6番目に大きな政党 海賊党のサーバを押収した。この家宅捜索については未だ不明な点が多いが、現時点での情報よよれば、同党が使用するサーバにて運営されていたサービスが標的にされたようだ。今週日曜にブレーメンでの選挙を控えている海賊党にとって、最悪のタイミングと言えるだろう。

数時間前、ドイツ警察は、ドイツ海賊党が使用する複数のサーバを押収した。オッフェンバックのAixITがホストしていたこれらのサーバは、フランス当局の要請を受けて押収されたものとみられている。

家宅捜索の理由は、現時点では不明である。しかし、海賊党は、同党の活動とは無関係であるという。海賊党委員会は、捜査への協力について、完全な透明性を約束した。

「委員会は、海賊党が何らかの犯罪行為に加担したとは考えてはいない。捜査は海賊党ないし関連団体に向けられたものではなく、サーバのオペレーターが関与しているのみである。捜査の結果を待ちたい」と海賊党は声明を出している。

当局から海賊党にもたらされた情報から、警察が仮想サーバ上のパブリック・サービスをターゲットにしていることが示唆されている。サービス名は挙げられなかったが、同党のサーバ・ネットワーク全体を停止させた措置は行き過ぎではないかとの懸念もある。

たまたまブレーメンでの選挙のちょうど2日前に、家宅捜索が行われたというのも、タイミング的に不運である。

「全サーバの切断は、ドイツで6番目の大きい政党の通信インフラへの大きな妨げとなる。海賊党は2日後にブレーメン州選挙を控えており、サーバの押収は著しい政治的損失をもたらした。委員会はこの措置を断固として批判する」と同党は続けた。

「現在進められている捜査について、交付された捜索令状が本当に適切だったのか、特に均衡性原則が適用されたか否かについて、検証されなければならない。いずれにしても、この措置は、ドイツ海賊党の技術的インフラに大規模な損害をもたらした」。

現在のところ、推測するより他ないのだが、家宅捜索のターゲットとなったのはおそらく、Piratepadサービスではないかと思われる。Piratepadは、共同して文書を作成できるツールなのだが、未確認の噂ながら、これが仏企業へのDDoS攻撃の計画に使用されたという。

しかし、現時点では、フランス側の捜査の詳細については、公式な情報は明らかにされてはいない。詳細な情報が入り次第、このエントリにてお知らせする。

UPDATE:ドイツ海賊党は新たに詳細を公表した

サーバは今朝午前9時15分、令状を持ったダルムシュタット検察によって押収された。捜査は海賊党に対するものではなく、フランス電力公社(EDF)のサーバに攻撃するためのSSHキーを公開した氏名不詳のPiratepadユーザに対するものだという。

海賊党は、この一件が同党に対し多大なる損害を与えたと強調する。同党の全通信システムが選挙の直前に喪失した。メインページはバックアップできたものの、ほとんどのサービスが以前アクセスできなくなっている。

また海賊党は、この強制捜査後に始まったドイツ警察のウェブサイトへの攻撃について、無関係であるという。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1809-612bb3ff

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。