スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米上院議員、PROTECT IP法は言論の自由、イノベーションと米国経済の脅威であるとして反対を表明

以下の文章は、TorrentFreakの「Anti-Piracy Bill a Threat to Innovation and Free Speech, U.S. Senator Says.」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Anti-Piracy Bill a Threat to Innovation and Free Speech, U.S. Senator Says.
著者:Ernesto
日付:May 27, 2011
ライセンス:CC BY

昨日、問題のPROTECT IP法案が、満場一致で上院司法委員会を通過した

現在、この法案は上院議会へと移されているが、ここで賛成を得るのは容易なことではないだろう。委員会が承認した数時間後、ワイデン上院議員は即座に反応した。

ワイデン上院議員によると、この法案は言論の自由、技術的イノベーション、そしてインターネットの基盤を犠牲にして、知的財産権を保護しようとするものだという。

ワイデン上院議員は以下の声明を公表した

「昨年12月、私はCOICAと呼ばれる、同様の法案を食い止めました。それは、ベネフィットをはるかに上回るコストを課す法案だったからです。PROTECT IP法またはPIPAを慎重に分析してみましたが、同じ結論に達せざるをえません。知的財産権を保護し、偽造品販売と戦うという、この法案の目的は理解できますし、賛同しますが、その目的を達成するために、言論を弾圧し、イノベーションや経済成長を抑止することを是とすることはできません。PIPAの法規は、合法的なコマースを犠牲にして、インターネットを過剰に警備するというアプローチをとっています。今や、よりバランスが取れ、ターゲット化されたアプローチが有効であるにもかかわらず。このアプローチの副作用により、言論、イノベーション、そしてインターネットの健全性が損なわれてしまうことになります。」

「インターネットは21世紀の大洋航路を意味しています。インターネットが米国のイノベーション、コマース、そして世界中の人々をエンパワーする我々の理念の前進させる存続可能な手段であればこそ、米国の経済的利益はますます確固たるものとなる。民事訴訟(private right of action)を通じて企業に、そしてインターネットの価値を十分に理解してはない政府機関にインターネットをコントロールさせることで、PIPAは我々のこれからの経済を、そして国際的な目標を脅かすことになるでしょう。この法案については、私や私以外からたくさんの問題が指摘されています。それらが解決しない限り、私は満場一致で、同法案の進行を阻止すべきだと考えます。」

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1816-bfae9f26

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。