スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最大手のトレントサイト BTjunkieが閉鎖

以下の文章は、TorrentFreakの「BitTorrent Giant BTjunkie Shuts Down For Good」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Giant BTjunkie Shuts Down For Good
著者:Ernesto
日付:February 06, 2012
ライセンス: CC BY

本日、世界最大手のBitTorrentインデックスサイトBTjunkieが、自発的に閉鎖を決断した。この決断に至る背景には、同業のファイル共有サイトに対する法的措置や同プロジェクトへの負担があるようだ。BitTorrent界隈は主要プレイヤーの1つを失ったことになる。

2005年6月に設立されたBTjunkieは、この5年間以上、トップBitTorrentサイトの地位にあり続けた。

その間、同サイトが直接法的トラブルに巻き込まれることはなかったが、同サイトの運営者がそうあり続けるために、永久にサイトを閉鎖するという決断は不可避であったようだ。ほんの少し前、以下のメッセージがBTjunkieのホームページに掲載された。

「皆さま、これでもうおしまいです。この決断は容易なものではありませんでしたが、我々はサイトを自発的に閉鎖することにしました。この数年にわたって、我々はあなたのコミュニケーションの権利のために戦って来ました。しかし、次に進むべき時が来たのです。生涯またとない経験をさせてもらいました。皆さま、お元気で。」

BTjunkieの創設者はTorrentFreakに対し、MegaUploadやThe Pirate Bayなど他のファイル共有サイトに対する法的措置が、この難しい決断にあたって重要な役割を果たしたと話してくれた。同業者のトラブルを目の当たりにしたことで、懸念やストレスが積み重なっていったという。閉鎖を決断したことで、こうした心配からは解放されるだろう。

とは言っても、BTjunkieオーナーは、依然としてBitTorrentサイトに未来はあると考えているようだ。

「そうであることを祈っています。この戦争は決して終わってはいないのですから。」

BTjunkieが著作権者から直接ターゲットにされることはなかったものの、昨年11月、米国通商代表(USTR)から名指しされ、RIAAMPAAともに、同トレントインデックスサイトを大規模な著作権侵害を助長する『ならず者』サイトのリストに加えている。

また、BTjunkieはThe Pirate Bay、RapidShare、uTorrent、その他のサイトと共に、Googleの検索結果において検閲されていた

BTjunkieの閉鎖は、月に数千万のユーザを抱えるトップ5のトレントサイトが姿を消すことを意味する。[かつて世界最大規模を誇った]TorrentSpyMininovaの閉鎖後から判断するに、ユーザはすぐに数多のオルタナティブの中から新たなホームを見つけ出すのだろう。

とはいえ、1つの時代が終わりを告げた。

RIP BTjunkie

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1854-aebe6d34

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。