スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spotify:レコードレーベルに祝福された大規模P2Pネットワーク

以下の文章は、TorrentFreakの「Spotify: A Massive P2P Network, Blessed by Record Labels」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Spotify: A Massive P2P Network, Blessed by Record Labels
著者:Ernesto
日付:June 17, 2011
ライセンス:CC BY

音楽産業は長らく、P2Pテクノロジーを唯一最大の脅威と認識し、ファイル共有ユーザが数億ドルの損失を生み出していると主張してきた。しかし、今やP2Pテクノロジーは音楽産業の未来の一部となっている。音楽ビジネスとP2Pテクノロジーとの深い結び付きの1つに、音楽ストリーミングサービスSpotifyがある。もはやSpotifyはインターネット上で最大規模のファイル共有ネットワークとなっている。

2008年秋にSpotifyのベータ版がローンチされた際、我々はこれを「音楽パイラシーのオルタナティブ」だと評した

Spotifyは、時折の広告が入るが無料で、または安価な月額使用料で広告なしに、数百万の楽曲をストリーミングできるという選択肢を提供し、音楽パイラシーのガチンコの競争相手となると思えた。

それから2年が経ち、Spotifyは急速にたくさんの音楽ファンの心を射止めた。現在のところ(訳註:2011年6月当時)、欧州の一部の国でしか利用できないが、それでも既に数千万人の無料ユーザ、100万人超の有料ユーザを集めた。音楽産業も折に触れて認めるサクセスストーリーである。

見逃されがちなことではあるが、実はこのSpotify、インターネット最大のP2Pネットワークの1つでもある。何も驚くことはない、Spotifyのリード・エンジニアの1人はルードヴィク・ストリゲス、BitTorrentクライアントuTorrentのオリジナルクリエイターだ。しかし、このプライベートP2Pネットワークについてはさほど知られていない。

P2Pテクノロジーを用いることで、Spotifyはサーバーへの依存を軽減し、帯域を節約することができる。そして、これはうまく機能しているようだ。実際、Spotifyユーザがインターネット経由でストリーミングする楽曲の大部分が、P2P接続によって得られている。ここで扱われている音楽はライセンスされており、すべての転送は完全な匿名、暗号化され、もちろんセキュアだ。

Spotifyが提供するデータから、楽曲アクセス時の3つの主要な音楽ソースについて見てみることにしよう。

上記のグラフから分かるように、大部分のトラックはローカル・キャッシュから再生されている。これはユーザが以前に聞いた曲で、そのファイルはローカル・ハードディスクに保存されている。残りの楽曲のうち、およそ80%はP2Pネットワーク経由でのアクセスとなっている。

さらに特筆すべきは、P2Pパフォーマンスは週末のピーク時間帯に最も効率的であるという点。Spotifyが提供するデータによると、P2Pトラフィックの割合は土曜の晩にピークに達する。

SpotifyのP2Pネットワークは、他のファイル共有プラットフォームから様々な影響を受けている。BitTorrent風のトラッカーとGnutella型のネットワークを用いているが、比較的小さなファイルを扱うよう調整されている。ストリーミング再生であるため、曲の出だしを優先し、また遅いピアは除外される。

このカスタムP2Pソリューションは、Spotifyの最も重要な特徴の1つ―ほとんど遅延なし―を保証する。楽曲はすぐに再生されなければならないが、遅延の中央値(median latency)は256ミリ秒と十分に期待に答えている。P2Pを使用したアプリケーションとしては実に驚くべき結果である。

最後に。音楽産業が完全に支持し、さらに一部所有さえしている大規模P2Pネットワーク。こんなことが起こるなんて誰が予測できただろう?

去年の6月の記事。この当時は欧州の一部地域での提供となっていたが、この翌月、米国でのサービス提供が開始された。

この記事内でmedian latencyが256ミリ秒とあるのだけれど、こちらの記事によるとこれはローカルキャッシュを含めての数字らしく、先読みなしの条件では390ミリ秒とのこと。それでも十分に速い。

ローカル・キャッシュに依存するところが大きいのは、比較的繰り返し聞かれるという音楽の特性があるのだろう。P2Pがうまく機能している辺りは、人気の楽曲にアクセスが集中する傾向にあることが一因として考えられる。また、がっつり使いこなしているユーザが多いようで、56%のユーザが5GBまたはそれ以上のローカルキャシュを保持しているという。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1861-131af7cc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。