スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「米当局がウェブサイトを誤って検閲」という記事が誤って検閲される

以下の文章は、TorrentFreakの「TorrentFreak's US Censorship 'Mistake' Article, Censored by 'Mistake'」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:TorrentFreak's US Censorship 'Mistake' Article, Censored by 'Mistake'
著者:Ernesto
日付:February 27, 2012
ライセンス:CC BY

我々は検閲と無縁でいられないということなのだろう。

我々は昨年、米当局が誤って84,000ものウェブサイトを児童ポルノ犯罪に関わっているとして閉鎖させたという記事を公開した。

なんとも皮肉なことに、この記事がポルノ団体によって検閲されている。teamskeet.comなるポルノサイトのオーナー Paper Street Cash, LLCが、彼らの権利を侵害したとして、上記記事を含む555のURLをリストアップした。

そのリストはGoogleに送られ、現在、そのすべてのURLがGoogleのインデックスから除外されている。

もちろん、問題の記事はteamskeet.comとは全く無関係の記事であり、間違いなのは明白である。

これが間違いであると仮定すれば、自動化されたキーワード検索システムに我々の記事が引っかかったというところだろう。だが、陰謀の疑いも考えられる。

幸運なことに、こうした検閲を受けたのは我々だけではないらしい。TechDirtの主要なSOPA/PIPA記事も同様に検索結果から削除されている

DMCAってほんとうに素晴らしいものですね!

Update:この記事を投稿してすぐ、Googleは上記記事の検閲を解除した。我々にとっては朗報なのだが、これが例外的措置であることも忘れてはならない。

Update:簡単に計算してみたところ、この検閲により、我々は数千ドルの被害を被ったようである。この問題の解決にあたっては、法的措置を検討している。

とりあえず、検討してないだろっていう。

さてさて、おそらくはTorrentFreakの読み通り、誤検出なのかもしれないが、TechDirtの記事の件もあってきな臭さは残る。

この件は、TechDirtのMike Masnickが、GoogleでTechDirt内の記事を検索していて、Google検索から一部の記事、それもSOPA/PIPA記事が除外されてることに気づいたのが発端となっている。DMCAを根拠とした検索からの削除された場合、検索結果の下部にその旨表示され、詳細を知ることができる。

Masnickが調べてみると、 Armovoreというアンチパイラシー企業が、Street Cash, LLCの代理人としてteamskeet.comに関連した権利侵害を主張し、検索結果からの除外を申請していたことがわかった。問題のSOPA/PIPA記事は、コメントを含め上記ポルノサイトの著作権を侵害するような内容はなく、そもそも全くの無関係であった。なぜ ArmovoreとStreet Cash, LLCは、でっち上げのDMCAテイクダウン・ノーティスを、よりにもよって主要なSOPA/PIPA記事について行ったのか、しかも申請されたのが1月20日、SOPAの事実上の廃案が決まった日である。しかもこいつら、SOPA/PIPAとは別の、TorrentFreakの記事も削除しているときた。

著作権法の濫用を懸念する2つの異なる記事…。そのいずれも、でっち上げのDMCA削除によりGoogleのインデックスから除外されている。はてさて…

Key Techdirt SOPA/PIPA Post Censored By Bogus DMCA Takedown Notice | Techdirt

TorrentFreakのいう「陰謀」というのはこの辺りの疑念なのだろうね。

で、TorrentFreakの記事のコメント欄を見ていたら、気になるコメントがあった。投稿者はArmovoreを名乗っている。

Ernesto,

今回の間違いについて心よりお詫び申し上げます。これは意図的なものではなく、私たちに言論の自由を制限する意図はございません。実際、私たちはTorを始めとするEFFのプロジェクトに寄付するなど、言論の自由を強く支持するものであります。今週日曜の(訳註:リストの)検査時に、あなた方のURLがリストに含まれていることを発見しております。これはTechDirtの記事が公開される前であります。その証拠を以下に。

Reinstate requested through [#949646034] - Sat, 25 Feb 2012 00:56:41 -0800
Reinstate requested through Contact @ Google - Mon, 27 Feb 2012 13:22:52 -0800 (PST)
Reinstate Approved - Mon, 27 Feb 2012 14:48:21 -0800

TorrentFreak's US Censorship 'Mistake' Article, Censored by 'Mistake' | TorrentFreak

TechDirtの記事にも同様のコメントを残しているのだが、こちらはもっと面白くて、我々はみな人間、人間なのだから間違いはある、そして人間は間違いから学び取れるものだ、とか、意図的でない証拠として、ほらTorrentFreakのさらに別の記事も削除しちゃってるし、とか、どう見ても火に油を注いでいるようにしか思えず、本当にArmovore関係者であるのなら、実に香ばしい。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1866-66170366

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。