スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレート・ベイ、マグネットリンク導入によりトラフィックが大幅減少

以下の文章は、TorrentFreakの「Torrent-less Pirate Bay Sees Massive Drop in Bandwith」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Torrent-less Pirate Bay Sees Massive Drop in Bandwith
著者:Ernesto
日付:March 08, 2012
ライセンス:CC BY

サイトからトレントをなくすというパイレート・ベイの決断は、主に外部からの攻撃に抵抗しやすくするためであったが、同時に帯域コストにも大きな影響を及ぼしている。本日、パイレート・ベイ・チームがTorrentFreakに語ったところによると、この変更以後、サイト訪問者数は変化していないにもかかわらず、帯域が30%以上減少したという。大半のユーザは、若干の不安感は覚えつつも、新たなマグネットリンク・オンリーのサイトに満足してるようだ。

先週、パイレート・ベイは、同サイトからすべての人気トレントファイルを削除し、いわゆるマグネットリンクに置き換えた。

これにより、.torrentファイルを中央サーバから直接ダウンロードするのではなく、他のBitTorrentユーザから.torrentファイルをダウンロードすることになる。

この変更の結果、パイレート・ベイの帯域消費は激減した。本日、サイト運営者がTorrentFreakに語ったところによると、帯域使用量はほぼ3分の1に減少したという。

「現在、30%ほど帯域が減少しています。しかし、サイトへのビジター数は以前と同じままです」と彼らは話す。

また、パイレート・ベイのRSSフィードも含めると、およそ60%も減少するというのだから驚きだ。現在、パイレート・ベイが消費する帯域のほぼ半分が、RSSフィードに由来する。

とはいえ、トレント・レスになったパイレート・ベイが良いことずくめだ、というわけでもない。少なくないBitTorrentユーザが、マグネットリンクによって生じるちょっとした問題に戸惑っているようだ。

最も多い不満は、ダウンロード開始前に欲しいファイルを個々に選ぶことができないということ。大きなアーカイブから、1つのファイルだけをダウンロードしたいという場合に、この問題に直面する。.torrentファイルをダウンロードすれば、ダウンロードを開始する前に当該のファイルを選択することはできるのだが、uTorrentではそれもできない(BitCometとVuzeなら可能)。

これを回避するためには、トレントが完全にダウンロードされるまで詳細ウィンドウを開いておかなければならない。ただ、これはパイレート・ベイの問題ではなく、クライアント開発者側の問題といえる。

パイレート・ベイがマグネットリンクに移行した後、uTorrent開発チームは既にマグネット関連のバグを1つ修正している。マグネットリンクでダウンロード・キューを再登録した際、リジューム、リシードできないというもの。

上記のような問題もあるが、移行はスムースに行われたようである。

パイレート・ベイにとって、サイトを閉鎖の圧力から守るためには、マグネットへの移行は不可避であった。移転も容易になり、必要とされるリソースも以前に比べてわずかになった。そしてさらに、帯域コストも減少した。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1876-1422adbf

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。